【なつぞら最終回】マコプロ次回作「CUORE(クオーレ)」は「母をたずねて三千里」

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」最終回で、マコプロの次回作の原作が「CUORE」という本であることが描かれました。

「CUORE」ならびにこれをアニメ化した作品「母をたずねて三千里」についてまとめます。

次回作の原作は「クオーレ」

1975年(昭和50年)の夏休み。十勝で休暇中の坂場のもとに、マコから電話がかかってきます。マコによれば、前作「大草原の少女ソラ」と同じ時間、同じ枠(ミルコスまんが広場)で、次回作の企画が決まりそうだとのこと。

この時、マコの手元には原作本と思われる「CUORE」(作者:EDMOND DE AMICIS)という赤い本が握られていました。

カルピスこども劇場「母をたずねて三千里」

「CUORE(クオーレ)」は、エドモンド・デ・アミーチスにより1886年に書かれた小説。

この作品の中の一つ「Dagli Appennini alle Ande" (アペニン山脈からアンデス山脈まで)」を原作とし、1976年に日本アニメーション(マコプロのモデル会社の一つ)により「母をたずねて三千里」としてフジテレビでアニメ化されました。

「母をたずねて三千里」の放送枠は、フジテレビ「カルピスこども劇場」でした。

この「カルピスこども劇場」枠は、「大草原の少女ソラ」のモデル作品の一つ「アルプスの少女ハイジ」の放送枠「カルピスまんが劇場」の名前が変わったもの。

「カルピス枠」のアニメとしては「アルプスの少女ハイジ」(1974年)→「フランダースの犬」(1975年)→「母をたずねて三千里」(1976年)と連なる流れがあります。※いずれも日本アニメーション制作。

なお、高畑勲、宮崎駿、小田部羊一氏らがタッグを組んだ「アルプスの少女ハイジ」の制作には奥原なつのモデル人物・奥山玲子氏は参加していなかったようですが、奥山氏は1976年に東映動画を退職した後に日本アニメーションに移ると、「母をたずねて三千里」に作画監督補佐として参加しています。

もちろん、「母をたずねて三千里」は高畑勲、宮崎駿、小田部羊一氏らが中心となって作り上げた作品として知られますね。

▼同じく最終回に登場した、坂場が12年後に手掛ける戦争アニメ作品。
【なつぞら最終回】坂場12年後のアニメ映画作品 ジブリ「火垂るの墓」がモデル?

関連記事
【なつぞら】「大草原の少女ソラ」モデルは「草原の少女ローラ」(大草原の小さな家)、「ハイジ」?
【なつぞら】「ミルコスまんが広場」モデルは「カルピスまんが劇場」か
【なつぞら】「マコプロダクション」に精鋭が集結 モデル会社は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑