【あさが来た】大人になった眉山藍之助(森下大地)が登場 加野屋の後継者?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」第17週(1月25日〜)に、大人になった眉山藍之助(森下大地)が登場します。この記事では、可愛かった藍之助がどのような人物に成長したのか、そして今後の藍之助の人生の展望などについてまとめます。

はつ一家が久しぶりに登場!

第17週では、あさ(波瑠)の姉・はつ(宮﨑あおい)が、長男・藍之助、義母・菊(萬田久子)とともに数年ぶりに大阪へとやってきます。山王寺屋先代の法要のための来阪だそうで、一家にとっては和歌山移住以来初めての大阪となります。

藍之助は商人に憧れる少年に成長

成長した藍之助は、幼い頃に可愛がってもらった叔父・新次郎(玉木宏)に加野屋の店内を案内され、目を爛々と輝かせます。和歌山のミカン農家に育った藍之助でしたが、父の仕事を不満に思い、お商売に憧れる少年へと育っていたのです。思い返せば、幼少期の藍之助が幼き日のあさそっくりにソロバンをはじく姿が描かれていましたね。

藍之助は今後、商人になるという夢を捨てきれずにあさの元へとやってきます。まだはっきりとはわかりませんが、後に藍之助が加野屋の経営に参画していく展開になるのではないかと予想します。

従妹・千代との仲にも注目

そして楽しみなのが、藍之助にとって従妹にあたる千代との関係。

第17週では、初対面の従兄弟同士である千代と藍之助がお互いの親の不満を打ち明け合うなど、意気投合する場面が描かれます。

藍之助は結婚相手の利用としてお互いに商いや学問について語り合えるような女性がいいと考えており、千代が目指す女性像とは異なります。身近な「お兄ちゃん」である藍之助の存在が、千代の成長にどう影響を与えていくのか楽しみです。

山王寺屋のサイドストーリー

これから物語後半に向けて、加野屋の後継者問題が浮上してくるはず。そうした際に、今井家の血を引き、大奥様・よの(風吹ジュン)からも実孫のように可愛がられていた藍之助の存在は大きなものとなっていきそうです。

今後、山王寺屋の失敗に懲りず商人を目指そうとする藍之助と母・はつがぶつかる場面が予想されるなど、山王寺屋一家の様子もドラマの「サイドストーリー」として描かれていきそうです。(※1)

(※1)はつのモデルである三井春は史実では25歳(27歳とも)で亡くなっており、「あさが来た」の「山王寺屋のその後の物語」は完全オリジナルストーリーとなっています。

関連記事
【あさが来た】藍之助役を演じる俳優・森下大地の経歴、性格等まとめ
【あさが来た】後半(年明け以降)新キャスト、登場人物まとめ
【あさが来た】眉山藍之助・養之助兄弟のその後 再登場あり!
【あさが来た】姉・はつは死なない!物語終盤まで登場へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑