よるドラ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」マネージャー・大高 俳優・前原滉が演じる

NHKよるドラ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」第5話から登場する阿佐ヶ谷姉妹のマネージャー・大高についてまとめます。

大高マネを演じているのは、朝ドラ「まんぷく」や「あなたの番です」などへの出演で知られる俳優・前原滉(まえはら・こう)です。

スポンサーリンク

目次

阿佐ヶ谷姉妹のマネージャー・大高

テレビのネタ番組への出演もあり、人気に火が付き始め、新たに芸能事務所に入った阿佐ヶ谷姉妹。第5話では、姉妹をサポートすることになる担当マネージャー・大高(おおたか)が登場します。

「お二人の独特の面白さをもっと知っていただけるように、ネタや歌だけでなく、ロケやバラエティのひな壇もどんどん取っていきたいと思っていますので」

そう意気込みを語る大高の仕事ぶりもあり、姉妹にはさまざまな仕事が舞い込むようになり、ようやくアルバイト生活から脱することになります。

▼ドラマの原作エッセイ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」。アマゾンのキンドル版(電子書籍)で購入すればわずか400円で楽しめてしまうので、オススメですよ。また、200万冊以上が読み放題となる Kindle Unlimited(30日間無料期間あり)対象作品でもあります。

モデルは「差し色」おしゃれのライバル・大竹マネージャー

ドラマに登場する大高マネージャーは、実在する阿佐ヶ谷姉妹のマネージャー・大竹さんがモデル(元ネタ)になっていると考えられます。

マイペースな阿佐ヶ谷姉妹を支えている大竹マネージャー。姉のエリコさんがエッセイを書けずに喫茶店でパニックになってしまった際には、電話先で叱りもせずに優しく長時間の相談に乗ってくれるなど、とても優しいお人柄のようです。

ドラマの原作となっているエッセイ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」には、「差し色」でオシャレを目指すミホさんのライバルとして、差し色の達人・大竹マネージャーが登場しています。

俳優・前原滉

大高マネージャー役を演じているのは、宮城県出身の29歳の俳優・前原滉(まえはら・こう)です。小栗旬や綾野剛、木村文乃らが所属する事務所「トライストーン・エンタテイメント」の所属です。

高校卒業後に現在の事務所の養成機関に入所し、2015年頃から同事務所の所属として本格的に俳優活動を開始しています。

テレビドラマ「重版出来!」(2016年・TBS・書店員役)、「おんな城主 直虎」(2017年・角太郎役)、「陸王」(2017年・TBS・加瀬尚之役)、映画「3月のライオン 前編」(2017年・蜂谷すばる役)、「あゝ、荒野」(2017年・川崎敬三役)など脇役を中心に出演を重ねると、2018年のNHK連続テレビ小説「まんぷく」では小松原完二役で出演。「塩軍団」と呼ばれる若き塩田労働者の一人として存在感を発揮し、広く顔を知られる存在になっていきます。

以降、ドラマ「スパイラル〜町工場の奇跡〜」(2019年・テレビ東京・田丸学役)、「あなたの番です」(2019年・日本テレビ・蓬田蓮太郎役)、「私たちはどうかしている」(2020年・日本テレビ・安部大吾役)、「直ちゃんは小学三年生」(2021年・テレビ東京・てつちん役)などに出演。

朴訥で気の良さそうな本人のキャラクターもあり、ニコニコと温和そうなメガネの青年役などが多い印象があります。今回演じる大高マネージャー役も「類は友を呼ぶ」といったところで、阿佐ヶ谷姉妹同様に味わい深いキャラクターとなりそうです。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる