日曜劇場「DCU」サイバー班・神田瑠璃 演じる趣里は水谷豊、伊藤蘭の娘

TBS系日曜劇場「DCU」に登場する海上保安庁・サイバー班の職員・神田瑠璃(かんだ・るり)についてまとめます。

神田瑠璃を演じているのは、芸能界のサラブレッドとして知られる俳優・趣里(しゅり)です。

スポンサーリンク

目次

「DCU」サイバー班 凄腕で現場をバックアップ

海上保安庁に発足した「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」。

潜水技術のスペシャリストが揃う「DCU」の現場任務をオンラインでバックアップするのが、神田瑠璃(趣里)らが所属する「DCU」のサイバー班です。

サイバー班はデータ解析やハッキング能力などが強み。現場の水流や気象条件、捜査情報、犯罪組織のネット上の動きなどをいち早くキャッチ・解析し、現場の新名(阿部寛)らに的確な指示を出していきます。

瑠璃はサイバー班の中でも特に高い能力を有し、新名からの信頼も絶大。危険極まりない現場に突入していく「DCU」の潜水捜査をサポートしていきます。

俳優・趣里 父は水谷豊、母は伊藤蘭

神田瑠璃役を演じているのは、東京都出身の31歳の俳優・趣里(しゅり。本名は水谷趣里)。父に「相棒」シリーズなどで知られる名優・水谷豊、母に元キャンディーズの「ランちゃん」こと伊藤蘭を持つ、大物芸能人の二世として生まれています。

幼少期からバレエに打ち込み、英国のバレエ学校に留学するなどバレリーナを目指していた趣里。しかし度重なる怪我に見舞われて夢を見失っていたところ、演技の世界と出会い、父と同じ俳優の道を歩み始めています。

2011年、「3年B組金八先生ファイナル直前同窓会スペシャル・ファイナル〜最後の贈る言葉」(TBS系)に柴崎茜役で出演しデビューすると、「37.5℃の涙」(2015年・TBS系・町井里沙役)、「東京ウエストサイド物語」(2015年・NHK BS・梅千代役)などにも出演。演技の経験を重ねていきます。

朝ドラ「とと姉ちゃん」、映画「生きてるだけで、愛。」で注目

▼趣里主演の映画「生きてるだけで、愛。」は、Amazon Primeで見放題配信中。

彼女にとって転機となったのが、NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年)への出演でしょう。趣里はヒロイン姉妹が創設した出版社の社員・大塚寿美子役を演じると、仕事と育児との両立に悩む女性を好演。お茶の間に知られる存在になっていきます。

その後、「トットちゃん!」(2017年・テレビ朝日系)では黒柳徹子の音楽学校時代の同級生・井川咲子役、「ブラックペアン」(2018年・TBS系)では手術看護師・猫田真里役、「イノセンス 冤罪弁護士」(2019年・日本テレビ系)では主人公の理解者であるパラリーガル・城崎穂香役で出演。人気作品への出演を重ねています。

その間、2017年の「リバース」(TBS系)で演じた有力議員の娘・村井香織役の狂気を含んだ演技が話題になったほか、2018年の主演映画「生きてるだけで、愛。」では鬱で引きこもり状態のヒロイン・寧子を見事に演じ、第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。

父・水谷豊ゆずりとされる芝居へのストイックさが徐々に花開き、売れっ子俳優への階段を登っています。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる