「花子とアン」登場人物のパルピテーション・恋愛相関関係まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「花子とアン」では、「パルピテーション」という感情がひとつのテーマとなっています。

パルピテーションの意味は?

パルピテーション(palpitation)は、美輪明宏氏によれば「ビビビッと胸がときめくことでございます」とのこと。辞書的な意味では「(心臓の)鼓動」、(複数形で)「動悸、胸騒ぎ」といったニュアンスです。

「花子とアン」ではこれまで、木場朝市(窪田正孝)、徳丸武(矢本悠馬)、それにはな(吉高由里子)、もも(土屋太鳳)による「合同パルピテーション会」(朝市が好きだと言うもものためにはながセッティングした「合コン」)が行なわれたり、はなが「おらもパルピテーションがある結婚がしてえ」と両親の仲良しぶりを羨ましがったりと、「パルピテーション」という単語が度々出てきています。

「花子とアン」恋愛相関関係まとめ

この記事では、「花子とアン」の世界での「恋愛相関関係」をまとめてみした。花子とアンの女子陣・蓮子、はな、醍醐さんらは、いずれも「パルピテーション」のある恋を求めています。

少々見づらいですが、『♥』は両想い、『←』、『→』は片思い、『×』は破局・失恋を表します。「花子とアン」では女性同士の「憧れ」や「大好き♥」も多々見られますので、一応それも含めてみました(笑)。

安東はな(吉高由里子)のパルピテーション

・安東はな × 北澤司(帝大生北澤。身分の違いから終わったはなの初恋)
・安東はな ♥ 村岡英治(結婚しました)
・安東はな ♥ 嘉納蓮子(腹心の友)
・安東はな ←× 木場朝市(幼馴染みの片思い、英治に託す)
・安東はな ← 醍醐亜矢子(はなさん大好き♥)

参考記事
はなの初恋の相手・北澤司 演じる加藤慶祐は仮面ライダーイクサ役のイケメン
「花子とアン」鈴木亮平が演じる印刷会社の村岡英治は村岡儆三がモデル 

嘉納蓮子(仲間由紀恵)のパルピテーション

・嘉納蓮子 ♥ 安東はな(腹心の友)
・嘉納蓮子 ←? 嘉納伝助(夫・伝助は意外に蓮子に惚れている?)
・嘉納蓮子 ←× 安東吉太郎(吉太郎の初恋。蓮子の結婚により失恋)
・嘉納蓮子 ♥ 宮本龍一(年下の青年との禁じられた恋、逃亡の末、結婚)

参考記事
「花子とアン」蓮子の見合い相手・嘉納伝助のモデルは九州の炭坑王・伊藤伝右衛門

醍醐亜矢子(高梨臨)のパルピテーション

・醍醐亜矢子 → 安東はな(はなさん大好き♥)
・醍醐亜矢子 × お医者様(婚約したもののトキめかず、破棄)
・醍醐亜矢子 ×→ 村岡英治(はなと恋のバトルを展開中も負けを認める)
・醍醐亜矢子 ← 女学校の後輩たち(なぜか後輩女子にモテる醍醐さん)

村岡英治(鈴木亮平)のパルピテーション

・村岡英治 ♥ 安東はな(結婚しました)
・村岡英治 ー 村岡香澄(英治の前妻。死別。)
・村岡英治 ←× 醍醐亜矢子(醍醐さんから熱烈アプローチを受ける)

嘉納伝助(吉田鋼太郎)のパルピテーション

・嘉納伝助 ×→ 嘉納蓮子(伝助は意外に蓮子に惚れていたが、逃亡される)
・嘉納伝助 ?♥? 女中頭・タミ(あやしい)

木場朝市(窪田正孝)のパルピテーション

・木場朝市 ×→ 安東はな(幼馴染みの片思い)
・木場朝市 ←× 安東もも(末妹・ももの、近所のお兄さんへの恋。実らず)

長男・安東吉太郎(賀来賢人)のパルピテーション

・安東吉太郎 ×→ 嘉納蓮子(吉太郎の初恋。蓮子の結婚により失恋)

参考記事
「君死にたもうことなかれ」葉山蓮子が吉太郎におくった歌は与謝野晶子作

次女・安東かよ(黒木華)のパルピテーション

・安東かよ ← 村岡郁弥(英治の弟。かよの甲州弁にべた惚れ)
・安東かよ ?→ 木場朝市(英治にはなを託した男気に、かよが惚れる?)

参考記事
村岡英治にはなを託した朝市 妹・かよとまさかの恋の予感?
「花子とアン」妹・安東かよが逃げ出した製糸工場の過酷な労働環境とは

三女・安東もも(土屋太鳳)のパルピテーション

・安東もも ×→ 木場朝市(末妹・ももの、近所のお兄さんへの恋。実らず)
・安東もも ♥ 森田さん(北海道開拓に挑戦する青年・森田と結婚)

参考記事
土屋太鳳(つちやたお)が安東家の末娘・もも役で登場 朝市に恋する乙女

母・安東ふじ(室井滋)のパルピテーション

・安東ふじ ♥ 安東吉平(お互い惚れ込んでいるオシドリ夫婦)

地主・徳丸甚之介(カンニング竹山)のパルピテーション

・徳丸甚之介 → 安東ふじ(幼馴染みの片思い、何かとお金の世話をする)

参考記事
徳丸甚之介(カンニング竹山)がふじに優しい理由は恋心らしい

白鳥かをるこ(近藤春菜)のパルピテーション

今のところ何も無し。

富山タキ(ともさかりえ)のパルピテーション

・富山タキ × 梶原編集長(かつて燃えるような恋をしていた)

▼「花子とアン」登場人物に関するまとめ記事

「花子とアン」修和女学校・先生と女学生 登場人物まとめ
「聡文堂(そうぶんどう)」はなが働く出版社 登場人物と概要まとめ【花子とアン】

▼「花子とアン」独身者たちに関する記事

大正時代の平均初婚年齢・適齢期は?「花子とアン」若者の未婚っぷりに疑問?
「花子とアン」醍醐さん・かよ・朝市・吉太郎の結婚相手、恋の行方は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑