【ひよっこ】音楽家の卵(幸子の恋人)高島雄大 演じる俳優・井之脇海は「ごちそうさん」でお馴染み

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に登場する秋葉幸子の恋人・高島雄大についてまとめます。

高島雄大を演じている俳優の井之脇海(いのわき・かい)は、朝ドラ「ごちそうさん」に出演していたことでも知られます。

音楽家の卵・高島雄大

高島雄大は、向島電機・乙女寮の「コーラスサークル」に毎週教えに来ている音楽家の卵で、現在は芝浦の工場で働いて生計を立てています。

高島は乙女寮の寮長・秋葉幸子(小島藤子)と交際しており、ゆくゆくは結婚することを約束しています。

我が道を行く?高島に幸子は不満

交際相手の幸子は、高島に何やら不満を抱いている様子です。

高島はいわゆる芸術家肌であり、毎月の給料が1万5000円であるにも関わらず1100円もするオーケストラのコンサートのチケットをぽんと買ってしまう一方(しかも一人で見に行く)、デートの時は公園の水飲み場で水を飲みながらコッペパンを食べたり(美食などの贅沢は「資本家に踊らされているだけ」と主張)と、生活のバランスが破綻しています。

口を開けば「ロシア革命が〜」「アメリカ人は侵略者だ~」「インディアンが~」などと壮大なことばかりを語り、女心もろくにわからない高島。そんな高島に幸子が怒り、ケンカでデートが終わってしまうこともしばしばですが、幸子は高島の優しさ、音楽の才能に惚れ込んでおり、二人はなんだかんだ仲良しです。

▼高島は、生真面目な警察官・綿引と不思議な友情を結んでいく…とのこと。
赤坂の警察官(巡査)綿引正義 演じる竜星涼は期待のイケメン俳優

井之脇海「トウキョウソナタ」「帝一の國」

少々天然(?)ながらも情熱的な青年・高島雄大を演じるのは、神奈川県出身の21歳の俳優・井之脇海です。井之脇は子役の時代から芸能活動を始めており、21歳にして豊富なキャリアを誇ります。

2007年公開の映画「夕凪の街 桜の国」に出演すると、翌2008年の映画「トウキョウソナタ」では香川照之演じる主役の次男・佐々木健二役で「キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞」を受賞。ほかに2010年の「告白」、2012年の「Another」、2014年の「スイートプルサイド」など、多数映画作品に出演しています。

また、2017年4月に公開された映画「帝一の國」では木村了演じる生徒会長をサポートする古賀平八郎役を、同年7月公開予定の奄美を舞台にした映画「海辺の生と死」では永山絢斗演じる主人公の部下役を演じるなど、活躍の幅を広げています。

「ごちそうさん」弟・照生役

井之脇海といえば、朝ドラをご覧の皆さんにとっては「ごちそうさん」(2013年)でお馴染みでしょう。

井之脇が演じたのは、ヒロイン・め以子の実弟で家業の洋食屋「開明軒」で見習いコックとして働いていた卯野照生役。姉の結婚を後押しするなど、素直で可愛らしい弟役を好演しました。

また、2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」では平重盛の長男・維盛(これもり)役、2016年のNHK土曜時代劇「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」では村松政右衛門役として出演しています。

▼井之脇海は、ロックバンド「KOTORI」の「そのすべて」という曲のMVにも出演しています。

関連記事
【ひよっこ】主要キャスト、登場人物一覧(茨城編、東京編)
【ひよっこ】東京編追加キャスト、出演者 「あかね荘」「あかね坂商店街」の人々

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑