「ルパンの娘」主要出演者、登場人物まとめ

スポンサードリンク

フジテレビドラマ(木曜劇場)「ルパンの娘」の主要登場人物、出演俳優・キャストをまとめます。

「ルパンの娘」は泥棒一家・Lの一族(えるのいちぞく)に生まれてしまったヒロイン・華と、それを知らない警察官の恋人・和馬をめぐるラブコメディです。

Lの一族・三雲家の家族

先祖代々泥棒を生業とし、家族全員が盗みの才能を持つ「Lの一族」三雲家。大胆な行動力と入念な計画、痕跡を一切残さない仕事ぶりは圧巻で、その姿を見た者は誰もいない。大怪盗アルセーヌ・ルパンさながらに弱きを助け強きをくじく義賊の一面も持つ。悪党から奪った金品により、高級タワーマンションで豪華な暮らしをしている。

▼超個性派家族「Lの一族」全員集合。左からマツ(どんぐり)、巌(麿赤兒)、華(深田恭子)、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)。

主人公・三雲華…深田恭子

泥棒一家「Lの一族」の娘。幼い頃から祖父・巌の(泥棒)英才教育を受けており、盗みの才能は家族の中でも抜きん出ている。ただし、本人はある時から盗みが悪いことだと気が付き家業を継ぐことを拒んでおり、現在は図書館の司書として真っ当に働いている。

結婚を考えている警察官の恋人・和馬には家族や自身の素性は絶対に秘密。悪党たちに襲われてしばしば窮地に陥る和馬を助けるため、華は自身の泥棒の才能の封印を解くが、それが一家の泥棒稼業の手助けにもなってしまうことに葛藤している。

▼コメディエンヌとしての才能を見せた映画「下妻物語」やドラマ「富豪刑事」だけでなく、NHK大河ドラマ「平清盛」におけるヒロイン役など、幅広い役柄を演じ続ける女優・深田恭子。今回のような飄々としたお嬢様役は大の得意分野。

父・三雲尊…渡部篤郎

華の父。美術品を愛し、妻を愛するダンディーな泥棒。三雲家が住む超高級タワーマンションの住人の部屋に侵入してはキャビアや高級ワインを調達するなど、美食家でもある。Lの一族の司令塔的存在。

華が家業を継がず渉が引きこもり状態にあるため、Lの一族の系譜が自分で途絶えるのではないかと危惧している。そのため、華の結婚相手には娘婿となり泥棒になってもらいたいと考えており、生真面目な公務員である和馬のことは気に入らない。

母・三雲悦子…小沢真珠

華の母で、宝石盗み専門の女泥棒。美の追求に貪欲で、ド派手なファッションセンスと55歳という年齢を感じさせない美貌を持つ「奇跡の美魔女」。普段は夫の尊とのバカップルぶりを見せるなど能天気だが、勝負どころでは泥棒としての天性を発揮する。

和馬のことは可愛くて食べちゃいたいっ!と発言するなど、気に入っている様子。基本的に男性に対しボディタッチが多いが、その隙にてんとう虫CAM(小型カメラ)を背中に貼り付けたりするので油断ならない。

▼イチャイチャ夫婦役を演じる渡部篤郎と小沢真珠。どちらも強烈なキャラクターを突き抜けて演じており、影の主役とも言えそうな存在感。

兄・三雲渉…栗原類

華の兄。本来であればLの一族の後継者となるべき存在だが、部屋からほとんど出ず家族とも端末の人工音声を通じて会話をするなど、筋金入りの引きこもり男になっている。両親もその扱いに困っている。

とはいえ、趣味が高じたハッカーの腕前は超一流。一家が盗みを働く際には自室でインターネットを駆使し、現場の後方支援を行う

▼ファッションモデル、俳優の栗原類。そもそも栗原類自身が唯一無二の個性を持っており、「ルパンの娘」の世界観にも違和感なく馴染んでいます。

祖母・三雲マツ…どんぐり

家族で唯一関西弁を話す、華の祖母。どんな鍵でも一発で解錠してしまう伝説の鍵師。華の良き理解者であり、引きこもりの渉にも明るく大声で接する良き祖母の一面も。気配を消す特技があり、華はしばしばマツが背後にいたことに驚く。

敵陣進入時に鍵を解錠するシーンでは、その秘伝の方法が視聴者にバレないようにモザイクがかかる。

▼証券会社の営業職、裁判所の臨時の事務官として働いた後、50代になって吉本総合芸能学院(NSC)に入所した異色の経歴を持つどんぐり。ピン芸人として活動した後に女優にシフトし、映画「カメラを止めるな!」で長編映画初出演。「ルパンの娘」が連続ドラマレギュラー初出演だという遅咲きの個性派女優。

祖父・三雲巌…麿赤兒

華の祖父で、伝説のスリ師。普段はほとんど家に寄り付かず、マツからは死んだことにされている。幼少期の華に泥棒の技術と心得を叩き込んだ人物であり、「盗むことで何かを変えられる日が来る。いずれわかる」と華に発言するなど、泥棒稼業に対し誇りを持っている。

▼[AD]見逃し回はフジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】 で。放送後一週間以内の回であれば、「Tver(ティーバー)」、または「FOD見逃し無料」で無料で見られます。

警察一家・桜庭家

先祖代々全員が警察関係者という警察一家。結婚相手も警察関係者でなければならないという鉄の掟があり、華と和馬の結婚の実現には大きな障壁がある。捜査一課の刑事を排出することが一族の悲願。

▼妙に迫力がある桜庭家の面々。左から美佐子(マルシア)、和一(藤岡弘)、和馬(瀬戸康史)、典和(信太昌之)。

華の恋人・桜庭和馬…瀬戸康史

華の純粋さに惹かれて交際をしている、捜査三課所属の警察官。性格は生真面目で優しく温厚。結婚相手として華を家族に紹介するが、華が警察関係者ではないという理由だけで両親から猛反対されてしまう。

捜査一課に配属されれば華との結婚を認めるという約束を父から取り付けたため、Lの一族を逮捕して手柄を立てようと必死になっている。当然、華がLの一族の娘だということは知らない。

▼シリアスな産婦人科医役を演じたNHKドラマ「透明なゆりかご」や、好青年ぶりを見せたNHK朝ドラ「まんぷく」など、幅広い活躍を見せる瀬戸康史。本格的なコメディは初挑戦とのこと。

和馬の父・桜庭典和…信太昌之

和馬の堅物の父で、警視庁警備部SAT隊長。和馬と華の結婚に反対の意思を表明するが、和馬が捜査一課への配属を勝ち取った暁には二人の結婚を認めるという条件を出す。

和馬の母・桜庭美佐子…マルシア

和馬の母で、鑑識課の非常勤職員。常に冷静沈着で直感にも優れている。和馬と華の交際に反対の立場を取り続け、和馬となかなか別れない華に対し苛立ちを隠せない。三雲家の怪しげな雰囲気をいち早く察知し始めている…?

和馬の祖父・桜庭和一…藤岡弘、

和馬の祖父で、警視庁捜査三課長も務めた元敏腕刑事。その鬼気迫る仕事ぶりから「鬼の桜庭」の異名を持った。現在は隠居生活であり、日課として自室で瞑想を行っている。和馬に対して「その女(華)は諦めろ」と意味深な発言をしているが、その理由とは…。

和馬の祖母・桜庭伸枝…?

すでに他界している和馬の祖母。女性初の警察犬訓練士だったらしい。

和馬の妹・新谷香…さとうほなみ

和馬の妹で、杉並警察署交通課に勤務している。警察官の夫・幹雄と結婚をしており、すでに桜庭家から独立している。メガネをかけた地味女性に見えるが、祖父から受け継いだという素早い身のこなしは只者ではない。

▼バンド「ゲスの極み乙女。」では「ほないこか」名義でドラムを叩いているミュージシャン・さとうほなみ。最近では女優業でも活躍。右は夫・幹雄役を演じている日本のストリートダンサー、振付師のFISHBOY。「ルパンの娘」では二人とも地味でお堅い警察官役を演じていますが、素顔は個性的。

香の夫・新谷幹雄…FISHBOY

香の夫で公安部に勤める警察官。義兄である和馬からは「みきおさん」と呼ばれている。

飼い犬・ドン

桜庭家のペットで元警察犬。警視総監賞をとったこともある名犬。

その他登場人物

華の幼なじみ・円城寺輝…大貫勇輔

華の幼なじみで、世界を股にかけるナルシストの泥棒さん。華に想いを寄せている。会話の最中になぜかミュージカル調になってしまうクセがあり、華もしばしばそれに付き合う。

四方八方から浴びせられる水鉄砲の軌道を読み切り、踊りながら避けるという特技を持つ。

▼17歳からプロダンサーとして数々の作品に出演し、ミュージカルの舞台でも活躍する大貫勇輔。ツッコミどころだらけの「ルパンの娘」の中でも、ツッコミどころが多い役柄。

和馬の先輩刑事・巻栄一…加藤諒

和馬の先輩刑事で、元警視総監・巻英輔の孫。和馬に対してやたらと上から目線で先輩面をしたがる。和馬に対し、捜査一課に行きたければLの一族を逮捕をするべきだと入れ知恵をする。

女性経験が豊富だと自称するが、第5話でセクシー女泥棒・美羽にあっさり騙されるなど、どう見ても女慣れしていない。

▼よくよく見ると昭和の刑事ドラマ顔である俳優・加藤諒。今や個性派脇役として多数作品に出演。

和馬の見合い相手・橋元エミリ…岸井ゆきの

元警視総監・巻英輔の孫娘で、和馬と見合いをすることになる女性。異性と目を合わせて話すことが大の苦手で和馬との会話も弾まないが、その平凡さはある意味で和馬と似た者同士である。日本人形遊び、栗拾い、俳句が趣味。本庁の刑事総務課に所属しており、和馬の先輩刑事・巻栄一とはイトコ。

祖父・巻英輔と何やらつながっており…?

和馬を演じる瀬戸康史と岸井ゆきのは、NHK朝ドラ「まんぷく」で夫婦役を演じた間柄。

【ルパンの娘】瀬戸康史、岸井ゆきの 「まんぷく」夫妻コンビが再共演

元警視総監・巻英輔…浜田晃

エミリの祖父で、元警視総監の巻英輔。60年前のマツ襲撃事件、そしてLの一族の歴史に深く関わっている…?

主なゲスト出演者

1話 
前川泰之(宝石店経営者・金剛丸修司)
藤原喜明(龍崎組・組長)
2話 
西沢仁太(介護関連会社社長・猪熊)
4話
山崎静代(国際ロマンス詐欺に騙される女性・木口智子)
5話
田中みな実(男を騙す女泥棒・美羽様)
本間朋晃(美羽様のイカツイ手下1)
真壁刀義(美羽様のイカツイ手下2)
8話
遠野なぎこ(華を匿うスナック「夜蛾」のママ・薄井佐知)
本宮泰風(佐知が思い続ける内縁の夫)
中原翔子(スナック「夜蛾」で働くホステス・アキヨ)
9話
やべけんじ(ガールズバー客・冬彦)
イジリー岡田(ガールズバー客・秋彦)
福澤重文(ガールズバー客・夏彦)
10話
柄本時生(若き日の三雲巌)
瀬戸康史(若き日の桜庭和一)
深田恭子(若き日のマツ)

「ルパンの娘」に真壁刀義、本間朋晃が登場 女泥棒・美羽様(田中みな実)の手下

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑