竹鶴政孝・リタ夫婦(マッサン・エリーのモデル)には子供が居た?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」第8週(11月17日〜22日)で、亀山政春=マッサン(玉山鉄二)の姉・岡崎千加子(西田尚美)に男の子の赤ちゃんが生まれました。

出産に立ち会ったエリーは愛おしそうにその赤子を抱いたのですが、それを見たマッサンは将来生まれて来るかも知れないエリーとの間の子供が、肌の色や顔立ちで差別されないか心配になります。

この記事ではマッサンとエリーのモデル、竹鶴政孝とリタ夫妻に子供が居たのか?についてまとめます。恐らくドラマも史実に基づくはずので、以下、ネタバレになる可能性があります。ご注意ください。

竹鶴政孝とリタの子供は?

結論から言うと、竹鶴政孝とリタとの間には実子は生まれませんでした。

『ヒゲのウヰスキー誕生す』(新潮文庫)によれば、北海道に渡るよりも前、大阪在住時代にリタは流産を経験しています。その後も子供が欲しいと思いながら結局恵まれず、リタは流産したことを悔やんだようです。

リタは「ウイスキーという夢がわたしたちの子供」だとして気丈に振る舞っていましたが、心のどこかに寂しさはあったようです。

二人の養子(養女)

竹鶴政孝・リタ夫妻は実の子供には恵まれませんでしたが、二人の養子(養女)を迎え入れています。

養女・竹鶴リマ=亀山エマ(優希美青)

一人目は房子(後にリマと改名)という女の子。山口広治氏・シゲ氏夫妻の間に生まれた房子は、生後間もなく養女として竹鶴夫妻に迎え入れられます。

房子、後の竹鶴リマは大切に育てられるのですが、やがて母(リタ)が外国人であることに悩み、関係が悪化していきます。後年にリタとの関係が修復されるまでの長い年月、親子関係は疎遠になっていたようです。

ドラマ「マッサン」で竹鶴リマは、養女・亀山エマ(優希美青)として登場します。エマは教育熱心なエリーに反発し、戦争の激化とともに「敵国人の母」を持つ自身の立場に悩むようになります。演じる優希美青は「あまちゃん」で「小野寺ちゃん」を演じた、あの子です。

後継者・竹鶴威=千加子の息子?

そしてもう一人の養子が、竹鶴政孝の実の姉・宮野延代の四男である竹鶴威(たけし)です。威は青年になってから養子となっています。政孝としては、威を自身の後継者と考えていたようです。

威は広島工業専門学校(現・広島大学)で醸造学を学び、その後政孝の跡を継ぐべく、北海道大学で応用化学を研究していました。北大を卒業すると、威は大日本果汁(竹鶴が北海道に渡り創業した会社。ニッカウヰスキーの前身)で働き始め、後に同社社長、二代目マスターブレンダーになっています。

ドラマ「マッサン」では、マッサンの姉・岡崎千加子がエリーの生き方に共感し、自身の息子を北海道のマッサン夫婦の元へ送り出す、との告知がNHKから出ています。

第8週で生まれた千加子の子供をエリーが愛おしそうに抱いていたことなどから、この赤子が将来的にマッサン夫婦の養子になっていくのではないかと思います(あくまで予想)。

関連記事
竹鶴リタ(エリーのモデル)、マッサンの死因は?マッサンはその後何歳まで生きた?
【マッサン】エリーが貰い受けた養子(養女)エマはどんな子?
【マッサン】亀山エリーが妊娠
【マッサン】姉・岡崎千加子が産んだ息子 今後重要人物に?(ネタバレ注意)
【マッサン】養子・竹鶴威にあたる人物は登場する?北海道編では養女・亀山エマ登場
マッサン・北海道編の登場人物が発表 風間杜夫、優希美青(小野寺ちゃん)、小池栄子

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑