朝ドラ「おかえりモネ」気仙沼・亀島のロケ地、モデルは気仙沼大島 フェリー港、レストハウス、砂浜など

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、ヒロイン・永浦百音(清原果耶)が生まれ育つ「亀島(かめしま)」についてまとめます。

亀島は気仙沼湾に浮かぶ気仙沼大島がモデル、撮影地になっているようです。

ヒロインの生まれ故郷・亀島=気仙沼大島(亀山)

ヒロイン・永浦百音は、気仙沼湾沖の自然豊かな島・亀島で生まれ育ちます。

この亀島はドラマ上の架空の島であり、島の風景の撮影は気仙沼湾に浮かぶ気仙沼大島各地などで行われています。この気仙沼大島が亀島のモデルになっていると考えられます。気仙沼大島北部にある景勝地「亀山」が島の名前のモチーフになっているようです。

気仙沼大島は、本土の気仙沼市街地の対岸正面に位置する面積8.5平方キロメートル、周囲約22kmの島(車で30分ほどで一周出来る大きさ)。大島と本土は最短で230メートルしか離れておらず、気仙沼市街は目と鼻の先です。

津波で大きな被害、孤立

東日本大震災の際には気仙沼市街とともに島も津波で甚大な被害を受け、船舶が流されて島が孤立してしまうという厳しい状況も経験。こうした苦い経験もあり、2019年には本土と気仙沼大島を結ぶ「気仙沼大島大橋」の完成にこぎつけています。

※大橋の開通以前は、気仙沼港と気仙沼大島の浦ノ浜港を結ぶフェリー「大島航路」(大島汽船。橋の完成と同時に廃止)が島民の生命線でした。ドラマでもこのフェリーは「気仙沼〜亀島定期船」として登場するほか、百音の母が夜中に産気づいた際には漁師仲間が嵐の中を船で本土へ運ぶなど、離島ならではの本土との距離感、苦労も描かれます。

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、清原果耶がヒロインを務めた映画「3月のライオン」「愛唄 約束のナクヒト」「デイアンドナイト」などの名作が見放題(2021年5月現在)。Amazon PrimeからNHKオンデマンドも購入できるので、アカウントを持っておくと何かと便利です。

大島でのロケ地は?

事前予告でわかっている範囲で、気仙沼大島での撮影地、ロケ地をまとめておきます。

島のフェリー港=浦ノ浜港

島の交通の拠点であるフェリー港。気仙沼大島の連絡フェリー発着場だった浦ノ浜港で撮影されています。

 

亀島レストハウス=亀山レストハウス

学生時代の百音が、吹奏楽部での成果を発表する舞台(亀島北限のゆずまつり)。劇中では「亀島レストハウス」という建物の前の「亀島ふれあい広場」で演奏が行われますが、このシーンは実在する亀山レストハウスの前で撮影されています。海を一望できる景勝地で、このすぐ上には亀山展望台が。

 

5人が歩く砂浜=田中浜

百音と幼なじみたちが歩く、砂浜が美しい島の海水浴場。気仙沼大島の東側、田中浜などで撮影されているようです。この田中浜は、あの火野正平が「にっぽん縦断 こころ旅」で訪ねた場所。

関連記事
「おかえりモネ」フェリーボート(気仙沼〜亀島定期船)ファンタジー号 モデルは大島航路(大島汽船)

「おかえりモネ」見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

U-NEXTの31日間無料トライアル申し込みでもらえる特典(=1,000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 「おかえりモネ」や「青天を衝け」、過去の朝ドラ・大河ドラマなどが大量に見放題。

▼詳しくはこちらのリンク先の記事にまとめています。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑