【朝ドラ・大河ドラマ】見逃し動画配信「NHKプラス」「NHKオンデマンド」の違い、使い分けまとめ

2020年4月から見逃し番組配信サービス「NHKプラス」が本格的に運用開始となったことを受けて、「NHKオンデマンド」の配信体系も少し変わっています。朝ドラや大河ドラマ、NHKの各番組などは、これらの配信サービスで見逃した回を見ることが出来ます。

この記事では「NHKプラス」の特徴、それに「NHKオンデマンド」の活用法などをまとめます。

スポンサーリンク

目次

「NHKプラス」の特徴

2020年4月から本格的に運用が開始された、NHKの見逃し番組配信サービス「NHKプラス」。総合テレビとEテレの最新番組をパソコンやスマートフォンなどで視聴できるサービスで、以下の二つの特徴があります。

※「NHKプラス」は、受信契約者に対する補完サービスという位置づけ。そのため、受信契約者(または契約者と生計を同一にする人)であればIDを取得の上、追加料金の負担なく利用できます。

①外出先でも「常時同時配信」

NHKの番組をリアルタイムで視聴するためには、これまではテレビで見るというのが常識でしたが、「NHKプラス」を利用すればパソコンやスマートフォンで放送中の番組を見ることが出来ます。これにより、外出先などでNHKの番組が気軽に見られるようになりました。

②放送後1週間の「見逃し配信」

番組放送から一週間以内であれば、24時間いつでも何度でも、「NHKプラス」上で見逃し番組を視聴できます。民放各局合同のポータル配信サービス・TVer(ティーバー)のNHK版と言えます。

※注意点 登録がちょっと面倒

「NHKプラス」の利用には各種ブラウザ、アプリが必要。その上で「NHKプラス」上から登録申し込みをし、「NHKプラスID」を取得する必要があります。ネット上から利用登録をすると1〜5週間ほどでハガキが届き、「確認コード」が知らされますので、それを入力すると「NHKプラスID」を取得できます。※NHKと受信契約をしていない方はこのサービスを利用できません。

▼過去の番組動画も含めて見たい方は、NHKオンデマンドU-NEXT(特典ポイント利用で最大1ヶ月NHKオンデマンド・見放題パックのお試し体験が可能)がオススメです。

「NHKオンデマンド」も少し変わった

放送後一週間の番組の無料配信が「NHKプラス」により定常化されたことで、「NHKオンデマンド」の配信体系も少し変わっています。

①単品販売は一週間後から

これまで同様、NHKオンデマンドでも放送後の各種番組が配信されていきますが、放送後一週間までの最新番組に関しては、NHKオンデマンドでの単品購入が出来なくなっています(最新回は「NHKプラス」で見ろよ、ということなのでしょう)。※「まるごと見放題パック」では最新番組を見られます。

②「まるごと見放題パック」に一本化

これまで、「見逃し見放題パック(放送後2週間以内の番組を見放題)」と「特選見放題パック(放送後2週間以上の番組を見放題)」の二つのコースに分けられていたNHKオンデマンドの見放題パックですが、配信中の動画がすべて見られる「まるごと見放題パック」(月額990円)に一元化されています。「まるごと見放題パック」では、放送後1週間以内の最新番組も見られます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる