NHK台湾ドラマ「路(ルー)」ホステス・ユキ役 台湾人女優 シャオ・ユーウェイ(邵雨薇)

スポンサードリンク

2020年5月に放送されるNHKの日台共同制作ドラマ「路(ルー)〜台湾エクスプレス」に出演する台湾人女優・シャオ・ユーウェイ(邵雨薇)についてまとめます。

クラブ「クリスタル」のホステス・ユキ

シャオ・ユーウェイが演じるのは、春香の先輩・安西(井浦新)らが足繁く通う台北・林森北路のクラブ「クリスタル」のホステス・ユキ役です。

ユキはまだホステスの仕事に慣れていないのか、安西に対してぎこちない接客を見せます。台湾での仕事が上手くいかずにやさぐれていた安西は、不慣れなユキの仕事ぶりを見て「君はなんだってこんなところで働いているんだ?」と不躾な一言を言ってしまいます。

初対面ではギクシャクしてしまった二人ですが、安西が店に通ううちに、次第に打ち解けていきます。

ユキは安西と同じ田舎育ち。日本に残してきた家族と上手くいっていない安西は、少し自分と似た所があるユキに安らぎを覚え、台北での心の拠り所としていくようです。

そんな二人を「クリスタル」の男性店員・ケビン(許光漢=グレッグ・ハン)がチラチラと気にしており…。

※「路」に出演しているシャオ・ユーウェイ、アーロンが出演している台湾の人気音楽番組「MTV I LOVE IDOL」がU-NEXT で独占配信を開始しています。アーロンは第1〜3話、シャオ・ユーウェイは第6〜7話でたっぷりと特集。

▼朝ドラ・過去回の見逃しは、U-NEXTがオススメ。U-NEXTの無料トライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間楽しめちゃいます。 

台湾・高雄出身の女優 シャオ・ユーウェイ

▼自身も出演した台湾ドラマ「愛的3.14159」(2018年)のエンディング曲「最接近永恆的事情」を歌うシャオ・ユーウェイ。

ホステス・ユキを演じているのは、台湾南部の大都市・高雄市出身の30歳の女優、歌手「シャオ・ユーウェイ(邵雨薇)」です。

2010年にテレビゲーム「夢夢ONLINE」の主題歌「夢夢健康操」で歌手デビューをしたシャオ・ユーウェイ(当時の芸名は「夢夢」)。

2011年に台湾のテレビドラマ「華麗的挑戰(邦題:スキップ・ビート!)」で女優デビューすると、ドラマ「美味的想念」(2013年)、「女人30情定水舞間(邦題:恋する人魚~30女子の磨きかた~)」(2014年)、中国ドラマ「美麗的秘密」(2105年)などに出演。

2016年に出演した台湾のタイムスリップドラマ「1989一念間(Back to 1989)」では、証券会社の営業員・葉真真役で出演。この作品は、2016年の台湾ドラマにおける最終回の最高視聴率を記録する大ヒット作となっています。※Youtubeで「1989一念間」を検索すると、著作権はわかりませんが、たくさんの動画がアップされていますね…。

また、2017年の台湾ラブコメディドラマ「極品絕配(華麗なるスパイス)」では、主要人物である夜市を仕切る凄腕料理人・フェンチン役を演じ、こちらもヒット作に。

この「華麗なるスパイス」は、日本の群馬テレビ、西日本放送などでも放送されており、シャオ・ユーウェイに見覚えがある方もいるかも知れません。

▼シャオ・ユーウェイが連続殺人鬼・張穎如役で出演している2016年の台湾映画「樓下的房客」。台北電影節(Taipei Film Festival)でオープニング作品ならびに観客賞(觀眾票選獎=Audience award)に選ばれています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑