NHKの台湾ドラマ「路(ルー)-台湾エクスプレス」 登場人物、出演者・キャストまとめ

スポンサードリンク

2020年5月16日(土)から放送されるNHKの日台共同制作ドラマ「路(ルー)〜台湾エクスプレス」の主要登場人物、出演者・キャストをまとめます。

日台の俳優が共演することが大きな話題となっていますので、台湾人俳優を中心に簡単なプロフィールもまとめます。

▷日本キャスト

主人公…多田春香(波瑠)

大卒で入社して4年目の商社社員。1999年に会社が台湾新幹線の建設プロジェクトに参戦することが決定すると、翌年から現地・台北で立ち上がる会社に5年間出向することになる。春香は出向要請に逡巡するが、名古屋に転勤した恋人・繁之の後押しもあり、台湾出向を決意している。

春香にとって台湾は思い入れのある土地。大学時代に台湾に一人旅をした際に現地の青年・エリックと出会い仲良くなったが、帰国後に連絡先のメモを紛失して以来、彼とは会えずじまい。以降、春香は6度に渡り台湾に渡りエリックの幻影を探し続けているが、それが恋心だとは認めたくない。

春香の先輩…安西誠(井浦新)

台湾の出向先で春香の先輩となる、技術コーディネートの担当者。鉄道を心から愛し、台湾新幹線プロジェクトに並々ならぬ情熱を見せる。安全を絶対視する日本式新幹線のシステムを台湾新幹線にもコピー・導入しようとするが、ヨーロッパ式の安全哲学を説くジャック・バルトと対立してしまう。

日本に妻子を残して単身赴任中で、息子のお受験に夢中である妻とは関係が上手くいっていない。

春香の上司…山尾一(寺脇康文)

日本で働いていた時代からの春香の上司で、明るく心優しい男。台湾新幹線プロジェクトのリーダーとして春香に白羽の矢を立て、台湾行きを勧める。

台湾生まれの老人…葉山勝一郎(高橋長英)

日本が台湾を統治していた時代に台北で生まれ育った「湾生」の老人。18歳で日本に帰国し、その後は交通関係の建設の仕事に長年従事している。今は隠居の身だが、依頼された講演会では自身の経験を業界の若者たちに伝えている。

名門だった旧制台北高校の出身。学生時代の親友だった台湾人・中野赳夫(呂燿宗)にひどい言葉を投げつけてしまったことを今でも後悔している。

講演会に来ていたエリックが台湾人と知ると、嬉しくなって家に招く。

NHK台湾ドラマ「路(ルー)」葉山勝一郎役 俳優・高橋長英が演じる

勝一郎の妻…葉山曜子(岩本多代)

勝一郎の妻で、彼と同じく台湾で生まれ育った「湾生」。日本に引き揚げた後に勝一郎と結婚をしている。台湾人・中野赳夫が結婚を申し込もうとするなど、若いときは大変な美人だった。

腎臓を患い入院中であり、もう一度台湾に「帰りたい」という願いを持っている。※追記:第1話後半で亡くなっている。

春香の恋人…池上繁之(大東駿介)

名古屋でホテルマンとして働く春香の恋人。春香が台湾出向をする際に、結婚の約束をしている。

優しい性格でいつも春香の人生を後押ししてくれるが、春香が過去に6回も台湾を訪ねていることに対し、モヤモヤとした気持ちを持っている。

エリックの同僚…有吉咲(草刈麻有)

エリックが働く「大日本設計」の同僚社員。エリックのことを「じんちゃん」と呼び、気さくに接する。

熊井建設取締役…(中丸新将)

葉山の講演会に顔を出していた、熊井建設の取締役。葉山のかつての後輩であり、今の自分があるのは葉山のお陰だと感謝している。

安西の妻…(佐藤みゆき)

日本で留守を預かっている安西の妻。単身赴任中の安西とは上手くいっていない様子。夫の職場への挨拶のために息子とともに台北にやってくるが、息子の塾があるからと一泊で帰国してしまう。

▷台湾キャスト

春香の想い人…劉人豪/エリック(炎亞綸=アーロン・ヤン)

日本のゼネコン「大日本設計」で働くイケメン台湾人。葉山の講演会を聞きに行った縁で、葉山と交流を持つようになる。

台湾を旅していた春香に道を聞かれたことをキッカケに春香と仲良くなり、連絡先を交換。しかし春香が連絡先を紛失したことで、二度と会えなくなってしまっていた。阪神淡路大震災発生時には神戸に実家がある春香を心配し、現地を訪ねていたらしく…。

▷台北市生まれの34歳・炎亞綸(Yan Ya Lun 英名:Aaron Yan=アーロン・ヤン)。台湾のアイドルグループ「飛輪海」のメンバー(メインボーカル)。

春香の同僚…林芳慧(安娜李=アンナ・リー)

春香が台湾で一緒に働くことになる、現地採用の台湾人同僚「リンさん」。台湾東部・花蓮の出身。同い年の春香とすぐに仲良くなり、休日には一緒にショッピングや足つぼマッサージなどに出かける。

とても明るい女性で、恋の話も大好き。春香からエリックとの悲恋話を聞くと、エリックの連絡先を必死で探してくれる。大学は日本語学科に通っていたため、日本語はペラペラ。

▷安娜李(アンナ・リー)は、台北市出身の36歳のタレント、モデル、女優。国立台湾師範大学教育学部卒のインテリで、交換留学生として宇都宮大学に一年間留学した経験を持つ。詳しくはこちらの記事で→ NHK台湾ドラマ「路(ルー)」同僚・林芳慧役 台湾人女優・安娜李(アンナ・リー)

「クリスタル」ホステス…ユキ(邵雨薇=シャオ・ユーウェイ)

安西らが足繁く通う台北・林森北路のクラブ「クリスタル」で、ホステスをしている若い女性。仕事が上手くいかずにやさぐれている安西を接客し、失礼なことを言われてしまう。

安西と同じ田舎育ちで、電線を見ては都会に憧れていたとか。安西と少しずつ打ち解けていき、孤独な安西の心の拠り所になっていく。

▷南部・高雄市生まれの30歳の女優、歌手・邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)。ドラマ「華麗なるスパイス」などに出演。詳しくはこちらの記事で。→ NHK台湾ドラマ「路(ルー)」ホステス・ユキ役 台湾人女優  シャオ・ユーウェイ(邵雨薇)

▼自身も出演した台湾ドラマ「愛的3.14159」(2018年)のエンディング曲「最接近永恆的事情」を歌うシャオ・ユーウェイ。

「クリスタル」店員…ケビン(許光漢=グレッグ・ハン)

クラブ「クリスタル」で働く男性店員。安西と話すユキのことをしきりに気にしている。ユキはケビンのことを弟だというが、真相は…。

▷許光漢(グレッグ・ハン)は、台北市出身の29歳の俳優、モデル。2017年のドラマ「姜老師,妳談過戀愛嗎?」で第52回金鐘奨の長編ドラマ助演男優賞にノミネート。

台湾料理屋のおばちゃん…(林美秀=リン・メイシュウ)

春香が大学時代から通う、行きつけの食堂のおばちゃん(出会ったばかりの春香とエリックが立ち寄った台湾料理屋)。日本語は片言ながら、陽気な人柄でグイグイと話しかけてくる。

春香がエリックと再会出来ないことを気にかけている。

▷「台湾のオカン」「台湾のおばちゃん」をやらせたら右に出る者はいない?台湾の大物コメディ女優・林美秀(リン・メイシュウ)。日本人にもファンは多く、林美秀が日本語を喋ってる!と歓喜の声も。
NHK台湾ドラマ「路(ルー)」食堂のおばちゃん役 台湾人女優・林美秀(リン・メイシュウ)が演じる

台湾高鐵興建本部 担当副総経理…ジャック・バルト(Gary Edward Gitchel=ギャリー・エドワード・ギッチェル)

安西や春香が交渉・対立することになる、台湾高鐵興建本部・担当副総経理。技術系の副社長。

台湾新幹線の建設を牛耳る立場にある西洋人で、ヨーロッパ式の安全哲学を主張。日欧折衷の「台湾オリジナル」による新幹線システムの構築を強く主張する。

台湾高鐵 運行担当副社長代理…レスター・王(梁正群=リャン・ジェンチュン)

台湾高鐵・運行担当副社長代理。ジャック・バルトとともに安西らとの交渉の席につく「髭の色男」レスター・ワン。

交渉がこじれると春香を食事に誘い、台湾人としての本音「台湾の誇り」について語ることになる。

▷梁正群(リャン・ジェンチュン)は、台湾出身の40歳の俳優、歌手、DJ、音楽家。The Art Institute of Vancouver(現:ラサール カレッジ バンクーバー)出身。

勝一郎の台湾時代の親友…中野赳夫/呂燿宗(楊烈=ヤン・リエ)

旧制台北高校出身の台湾人医師。学生時代は葉山と親友だったが、ある出来事をキッカケに疎遠となってしまっている。

学生時代は葉山の妻・曜子に恋をし、結婚を申し込もうとしている。

高雄の青年…陳威志役(李梓誠=リー・ズーチェン)

台湾南部の大都市・高雄でアルバイトをしながら暮らす平凡な青年。実家は八百屋で、母親からはゴロゴロしてるなら手伝えと怒られる。久しぶりに再会した幼なじみ・美青が美しくなっていることにドギマギしてしまう。

入隊を経て、やがて台湾新幹線の仕事に携わることになる。

威志の幼なじみ…張美青(吳玳昀=ウー・ダイユン)

威志の幼なじみで、カナダに留学をしていた女子。留学先で日本人の子供を妊娠し、シングルマザーになる覚悟で帰国。第1話で息子・辰辰を出産している。

おおらかな性格で、威志の視線には気がついていない?

▷台湾らしいエキゾチックな美しさが印象的だった吳玳昀(ウー・ダイユン)。

関連記事
NHKの台湾ドラマ「路(ルー)-台湾エクスプレス」 放送時間、再放送、見逃し視聴方法まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑