【あさが来た】成澤泉の妻・カナエ(宮嶋麻衣) モデルとなった人物は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」に登場する成澤泉の妻・成澤カナエ(宮嶋麻衣)という人物についてまとめます。カナエにはモデルとなっているであろう人物が存在します。

初登場!成澤泉・カナエ夫妻

1月30日(土)放送回に、美和(野々すみ花)の店・晴花亭に居合わせた客として初登場した成澤泉(瀬戸康史)、カナエ(宮嶋麻衣)夫妻。

二人の会話によれば、夫・泉は新潟でやっていた校長・牧師の仕事を辞め、突然大阪へと戻ってきた様子。泉は困惑するカナエに対し自著「婦女子の務め」を取り出し、「夢の実現」のためアメリカに留学して本格的な勉強がしたい!とアツく語ります。

この成澤泉という人物は後にあさと出会い、重要な人物になっていきます。

成瀬仁蔵・マスエ夫婦がモデルか

▼日本女子大学の創設者、初代校長として知られる成瀬仁蔵。
画像はWikipediaより転載(パブリックドメイン)。



アツく語る夫・成澤泉のモデルとなっている人物は、実在の教育者・成瀬仁蔵(1858年 – 1919年)です。成瀬は日本の女子高等教育の先駆者で、広岡浅子(あさのモデル)の協力を得て日本女子大学を創設させた人物として知られます。

妻・カナエのモデルとなっていると思われるのは、成瀬仁蔵の妻・マスエ(服部満寿枝)です。

成瀬仁蔵は20歳の時に、所属していた大阪・浪花教会の組合教会らの運動で設立された「梅花女学校」の生徒だったマスエと結婚しています(明治12年)。マスエは旧福井藩士の娘でした。

成瀬は結婚後、教職活動、女子教育の研究、基督教伝道などに没頭していきます。しかし女子大学設立の活動が困難に突き当たっていく中で、成瀬は病弱だったマスエと離婚という形をとっています(明治31年頃)。結局マスエはその二年後に亡くなっています。
※「あさが来た」原案である「小説 土佐堀川」によれば、成瀬は女子大設立の運動に没頭するあまり家庭を顧みず、妻との不仲がウワサされていたとのこと。

成澤は今後のキーパーソン 妻も再登場か

▼宮嶋麻衣は「ごちそうさん」で「たみちゃん」こと野川民子を好演。可愛らしいと人気に。

成澤泉は今後あさと再会し、「日の出女子大学」設立へと共に歩んでいくことになります。

カナエ役としてわざわざ朝ドラでお馴染みの女優・宮嶋麻衣(「ちりとてちん」「カーネーション」「ごちそうさん」「マッサン」などに登場)を起用していることや、成澤泉初登場シーンにわざわざ妻を一緒に登場させていることなどから、今後もカナエが登場し、ストーリーに関与していく展開も考えられます。

追記:2月13日(土)、成澤が再登場した放送回によれば、成澤は夢を追うあまり奥さんに愛想を尽かされたとのこと。今後、カナエが再登場するかは現在のところ不明です。

関連記事
【わろてんか】芸人佐助の妻・富役で宮嶋麻衣が登場 NHK朝ドラ常連女優
【あさが来た】成澤泉(瀬戸康史)のモデルは成瀬仁蔵 日本女子大学創設者
「マッサン」に宮嶋麻衣が亀山和歌子役で登場 大阪製作朝ドラの常連【民ちゃん】
【ごちそうさん】主人公の友人・桜子、民子を演じる前田亜季、宮嶋麻衣に注目【かわいい】
【あさが来た】日の出女子大学校のモデル・広岡浅子が設立に関わった日本女子大学

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑