【ひよっこ】劇中に登場した歌、童謡、愛唱歌(コーラス)など音楽まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の劇中に登場した主な歌、楽曲をまとめていきます。

「ひよっこ」は1964年(昭和39年)頃、昭和の高度経済成長期の時代が物語のスタートとなっており、当時の懐かしい歌、現在でも歌い継がれる定番の楽曲がしばしば取りあげられています。

・高校三年生(舟木一夫)

第1週、第1回(4月3日)放送回などで登場。高校三年生だったみね子、三男がバスの中で歌っていた曲。

舟木一夫が歌う「高校三年生」は、「ひよっこ」の物語が始まる1964年の1年前、1963年(昭和38年)にリリースされた歌謡曲。

・庭の千草(アイルランド民謡)

第1週、第6回(4月8日)放送で登場。

秋の収穫シーズン。美代子や君子ら村の女性たちは、「農作業歌」を歌いながら稲刈りを行なった。その中で歌われたのが、アイルランド民謡である「庭の千草」。共同作業の楽しさ、もうすぐ今年の収穫が終わり実が東京へ帰ってしまう寂しさが、「庭の千草」の歌詞とオーバーラップ。

【ひよっこ・4月8日】稲刈りシーンの歌「いつでも夢を」「庭の千草」

・いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合)

第1週、第6回(4月8日)放送ほかで登場。

「庭の千草」とともに、秋の収穫時に美代子らが歌っていた「いつでも夢を」。みね子が就職した向島電機の乙女寮でも、毎朝の起床時に寮内放送で「いつでも夢を」が流れる。

橋幸夫・吉永小百合によるデュエット曲「いつでも夢を」は、劇中稲刈りシーン(1964年秋)の2年前のリリース作品。「あまちゃん」劇中にも使用された。

・ひょっこりひょうたん島(テレビ主題歌)

第2週、第7回(4月10日)放送ほかで登場。

まだまだ幼い妹弟・千代子や進にとって、1964年に放送が始まった子ども向け人形劇「ひょっこりひょうたん島」は何よりも楽しみなテレビ番組。

番組主題歌「ひょっこりひょうたん島」は井上ひさしが作詞をし、「前川陽子とひばり児童合唱団」が歌った曲。父・実が東京へと帰ってしまった寂しさをまぎらすため、布団の中で谷田部家のきょうだい三人でこの曲を歌った。

・仰げば尊し

第4週、第22回(4月27日)放送で登場。

みね子ら三人の高校の卒業式で歌われた、定番の歌。小学校、中学校の卒業とは違い、高校の卒業は故郷を離れる決別の意味を持つ。

・手のひらを太陽に(童謡)

第5週、第25回(5月1日)放送で登場。

みね子ら向島電機の新入社員4人が初めて乙女寮へ足を踏み入れた時に、先輩女子工員たちが結成している寮内の「コーラス部」が、歓迎の歌として「手のひらを太陽に」を披露。

「手のひらを太陽に」は「アンパンマン」で知られる漫画家・やなせたかしが作詞。作曲家のいずみたくが作曲を担当。1961年に制作され、1962年にはNHK「みんなのうた」で放送された。

・見上げてごらん夜の星を(坂本九)

第6週、第32回(5月9日)に登場。

初めての休日の夕方。寮の同室6人で銭湯に行った帰り道に、みんなで歌った曲。

坂本九による大ヒット曲「見上げてごらん夜の星を」は、1963年にリリース。時系列的には、みね子が上京する2年前の曲。

・トロイカ(ロシア民謡)

第6週、第33回(5月10日)放送に登場。

寮の生活にも慣れ、初めて「コーラス部」に参加したみね子たち。最初の練習歌として歌われたのが、ロシア民謡の「トロイカ」だった。歌詞の内容が理解出来ないみね子に対し、豊子のウンチクが披露される。

当時の若者は学生運動の影響でロシアに憧れている人も多く、シベリアからの引揚者によって持ち込まれたと言われるロシア民謡は、今よりも身近な存在だったとか。

・恋はやさし野辺の花よ

第6週、第35回(5月12日)放送に登場。コーラス部の課題曲。

19世紀、オーストリアの作曲家・フランツ・フォン・スッペによる作曲で、作詞者は不詳(※日本語訳は小林愛雄)。大正時代に浅草オペラで歌われたことで、日本に広まったとされる。

・椰子の実(愛唱歌)

第7週、第37回(5月15日)放送に登場。こちらも「コーラス部」の課題曲として歌われた。

「♪名も知らぬ〜遠き島より」でお馴染みの島崎藤村の詩に、1936年に曲がつけられ、広く歌われる愛唱歌になった。

【ひよっこ/5月15日】コーラス部・課題曲「椰子の実」 歌詞と少女たちの望郷の念がリンク

・夏の思い出(愛唱歌)

第8週、第44回(5月23日)のコーラス部課題曲として登場。お盆休みに予定している海水浴を控え、気持ちが高ぶる中での練習だった。

尾瀬の雄大な自然を歌った歌詞で知られる、お馴染みの曲。作詞は作詞家、詩人の江間章子で、1949年(昭和24年に)NHKのラジオ番組「ラジオ歌謡」で放送され、その後の尾瀬人気に火をつける。

・恋は紅いバラ(加山雄三)

第8週、第45回(5月24日)放送回で、巡査の綿引が海で歌った曲。1965年公開の加山雄三主演映画「海の若大将」の劇中歌。

男の恋心を歌った歌詞内容は、みね子との恋の予感を感じさせる…?

【ひよっこ/5月24日】綿引が海で歌った歌は加山雄三の「恋は紅いバラ」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ロケ地 釣りバカ日誌 美女と男子 地域文化 歴史 音楽 とと姉ちゃん 朝ドラ 映画 大阪 タモリ倶楽部 ブラタモリ NHK ひよっこ サブカル 花燃ゆ まれ 食文化 ドラマ ごちそうさん 視聴率 花子とアン 軍師官兵衛 アイドル 信長協奏曲 醸造 ヒストリア 下町ロケット やすらぎの郷 天皇の料理番 ど根性ガエル 真田丸 マッサン 女優 俳優 ナポレオンの村 あさが来た あまちゃん 東京都北区赤羽 べっぴんさん
PAGE TOP ↑