【まんぷく】幻灯機(げんとうき)とは?福子と萬平をつなぐ重要なアイテムに

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」において、立花萬平の会社「たちばな工房」で製作されている幻灯機。

この記事では、幻灯機とはどのようなものか、また、萬平のモデル・安藤百福氏(日清食品創業者)と幻灯機との関わりについてまとめます。

※第1週放送分のネタバレが多少含まれます。ご注意ください。

幻灯機とは?

幻灯機とは、現在でいうところのいわゆる「スライド映写機」「プロジェクター」のこと。

幻灯【げんとう】(magic lanternの訳語)

ガラス板に描いた陽画フィルムあるいは絵画・写真・実物などに強い光をあて、その透過光または反射光を凸レンズによって拡大映写すること、また、その装置。うつし絵。

のことであり、幻灯機は「幻灯」を大きく映し出す機械ということになります。

「まんぷく」の事前番宣番組に登場した美術さんによれば、劇中に登場するたちばな工房の幻灯機は、昭和初期当時のレトロなデザイン、質感を丁寧に再現して製作されたもの。

また、「大の昆虫好き」だという萬平の裏人物設定を生かし、幻灯機の足の部分が昆虫っぽいデザインになっている、遊び心のある逸品です。

「幻灯機」が福子と萬平の出会いをアシスト

物語スタート当初、たちばな工房の幻灯機は売り方が悪いのか、イマイチ売れていません(第1回放送)。

一方、姉・咲の結婚式を特別なものにしたいと考えていた福子は、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機があるというウワサを耳にします(親友・敏子の紹介か)。福子は、萬平の工房を訪ねると、幻灯機の素晴らしさに感激。これを結婚式の出し物にしたいと萬平に頼み込みます。

迎えた結婚式当日。福子は萬平の助けを借りて、咲や真一、参加した親族らを大感激させることに成功します。萬平にとってもこの出来事は、自分の製品がいかに人々の心を突き動かせるかを知る、貴重な体験となるようです。

もちろん、この時は福子と萬平が後に生涯の伴侶になろうとは、誰も知らなかったわけですが…。

安藤百福と幻灯機

立花萬平のモデル人物・日清食品創業者の安藤百福氏は戦前戦中、国家総動員法や物資統制令などにより繊維関係の仕事が自由に出来なくなると、幻灯機製造のビジネスを手がけています。

当時、軍需工場では素人工員ばかりが徴用や学徒動員により駆り出され、ろくに機械の使い方もままならない工員だらけの状態でした。困った軍部は工場で旋盤やフライス盤の使い方を教えるのに幻灯機(映写機)を用いて、機械の使用方法を工員たちに教え込んでいます。

こうした需要、供給不足を見越し、百福氏は幻灯機の製造に着手。戦争の苦しい時代を独自の商才で乗り切ろうとしたのです。

関連記事
【まんぷく】萬平が経営する「たちばな工房」 モデル企業はある?
【朝ドラ・まんぷく】立花萬平モデル 安藤百福が手がけた数々の事業とは 失敗と挫折の歴史

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑