「舞いあがれ!」3月14日 慶太(けいた)と若葉(わかば)って誰?島の次代を担う若者たち

※本ページのリンクには広告が含まれています。

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」3月14日(火)の第113回では、祥子ばんばが倒れたとの知らせを受けて舞とめぐみが五島に急行しています。

久しぶりに五島の人々が登場する回となりましたが、会話の中に登場した「ケイタ」「ワカバ」という聞き慣れない名前に「誰?」と首を傾げた視聴者も多かったようです。

【追記】3月15日(木)の第115回では、野口若葉役として五島出身の川口春奈がサプライズ出演をしています。

スポンサーリンク

目次

物流ドローンの実験に関わる慶太(けいた)

島の病院の医師によれば、祥子ばんば(高畑淳子)の病状は軽い脳梗塞とのこと。幸いすぐに退院は出来そうですが、手足にしびれが残る可能性があり、今後は船乗りや一人暮らしはさせないようにと医師から釘を差されます。

舞はばんばが作っていた特製ジャムを代わりにみじょカフェに納品しに行くと、そこで信吾(鈴木浩介)・一太(若林元太)親子と再会。以下のような会話が交わされています。

さくら「慶太くんや帰ってきたと?」
一太「いや、最終の飛行機っつった」
舞「慶太くん帰ってるの?」
さくら「おうよ、ドローンで荷運びする実験ばするって」
信吾「島から島へ、薬とか食料ば運ぶ物流ドローンっていうのに役場も関わっちょるとさ」

慶太は一太の弟 出産時に舞がお手柄

ちょっと聞き慣れない「ケイタ」という名前に一瞬戸惑った方も多いかと思いますが、この「ケイタ(慶太)」というのは一太の弟のことです。

慶太の名前が劇中に登場したのは第2週・第9回(10月13日放送)のこと。五島に来て一ヶ月が経過していた小学生の舞は、ばんばが作った自家製ジャムをご近所の浦家に届けていますが、そこで産気づいてうずくまる信吾の妻・莉子(大橋梓)に遭遇。舞はあわてて祥子ばんばを呼びに家まで走って帰り、そのおかげもあり莉子は無事に出産をしています。

この時産まれたのが、一太と凛の弟となる浦家3人目の子・慶太です。病弱だった舞にとって、必死に走って莉子を助けたという経験は大きな自信になったようです。

その後、夏になると一太の祖父が慶太のためにバラモン凧を作成。一太が中心となりバラモン凧をあげるための凧揚げチームを結成しますが、うまく飛ばす自信がない舞はチームへの参加を拒否。一太と険悪な雰囲気になっています。

あの時(1994年)バラモン凧をあげて健やかな成長を願った慶太が、24年の時(※)を経て役場の物流ドローンの実験に携わるまでになったということですね(※ばんばが倒れたのは2018年)。

※劇中ではセリフに登場したのみで慶太の漢字表記は明かされていませんが、公式ガイドブックのあらすじには「慶太」という漢字が登場しています。

若葉って誰?初登場キャラ

そしてもう一人。第113回では聞き慣れない「若葉」という名前が登場しています。

病室にいた祥子と木戸(哀川翔)は、祥子の愛船「めぐみ丸」の今後について以下のような会話を交わしています。

祥子「先生が、もう船には乗れんち言うとさ。じゃばってん、もっと乗りたかよ」
木戸「祥子さん、それは無理たい。諦めんば」
祥子「めぐみ丸や、どがんすっとか。古か船やけん、廃船になるやろ」
木戸「めぐみ丸ば、若葉ちゃんに託したらどがんな」
祥子「んにゃあ、あの娘はまだ船に乗り始めたばっかりぞぉ」

この若葉という女性は、これまで劇中には登場していません

ネット上では一太の妹では?という声もありましたが、一太の妹の名前は「凛」であり、その後にさらに妹が生まれていなければ一太の妹ではないことになります。
【追記】その後、若葉の姓が「野口」であることが判明しています(後述)。

※子沢山の浦家ですから、その後に兄弟が増えている可能性はありそうですね。祥子と木戸が当たり前のように名前を出していますので、若葉は島のコミュニティ内にいる近しい人物だと考えられます。

いずれにしても、若葉というのは新たに登場したキャラクターと考えられます。今後、サプライズで若葉役を演じる若手女優が登場するかも?

※舞が通った島の「知嘉小学校」。舞が所属した1年生と3年生の合同クラスには、男子が計5人(3年生3人、1年生2人)、女子が計3人(3年生の舞、1年生の凛、ほかに1年生1人)いました。クラスの3人の女子のうち、舞、凛ではないもう一人の女の子が若葉だった可能性も?

【追記】野口若葉役で川口春奈がサプライズ出演!祥子の志を受け継ぐ島の若者

【追記】3月15日(木)の第115回では、島の若い女性・野口若葉役としてご当地・長崎県五島市(旧福江市)出身の川口春奈がサプライズ出演をしています。川口春奈は「ちむどんどん」に続く朝ドラ連続出演となります。※ドラマ開始前の「舞いあがれ!」関連番組でも川口春奈がナレーションを務めていました。

野口若葉は、めぐみの説得に応じて東大阪に移り住むことになった祥子ばんばの送別会に登場。祥子の愛船「めぐみ丸」を正式に受け継ぐことになり、祥子に感謝と決意を語っています。

この日の劇中で野口若葉なる人物がどこの誰なのかは語られていません。「野口」という姓から考えて浦家の娘である可能性は低そうですね。若葉はネイティブらしき五島弁を話していましたので、最近船乗りになったばかりの島出身の期待の若者、ということかと思います。

朝ドラ・最新回と過去回の見逃しは、お得な U-NEXT 無料トライアル利用がオススメ。U-NEXTのトライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。
※本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる