【まれ】希が着ている服は「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」手縫いのステッチが可愛らしい

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」で、ヒロイン・津村希(土屋太鳳)が着ている洋服についてまとめます。貧乏なはずの希ですが、なかなかいい服を着ています…

「まれ」登場の女の子たちの服装

「まれ」では、登場する女の子たちが着る洋服にそれぞれの個性が表現されています。地元志向の寺岡みのり(門脇麦)は地味真面目系、都会に憧れる蔵本一子(清水富美加)は少し背伸びして流行を追いかけたスタイル、横浜育ちの池畑美南(中村ゆりか)は洗練された清楚系。

そして、希が着ている服はダボダボで縫い目やパッチワークが目立つ素朴系。ドラマ内において希が着ている服は「田舎から出てきたピュアな娘」「あまり洗練されていない」といった希の個性を表現する記号となっていますが、実はこの服。「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」というとても可愛らしくオシャレなファッションブランドの物なんです。(徹役の大泉洋が着ていたパッチワークスウェットも「keisuke kanda」。)

女の子のための服「keisuke kanda」

「keisuke kanda」は2005年にデザイナーの神田恵介氏によって設立されたブランド。特別なコンセプトありきというよりは、女の子がより可愛らしく素敵でいられる、そんな服づくりを指向しているようで、「女の子が僕の服を着て笑ってくれればそれでいい」と神田氏は発言しています。

「keisuke kanda」は大量生産システムやコマーシャリズムなどとは一線を画し、顧客向け受注会を全国各地で開催するなど、顧客との直接的な対話や口コミなどを重視しています。また、フリルやレースなどの女の子らしいデザインに加え、温もりのある「手縫いのステッチ」が用いられるのも「keisuke kanda」の服の特徴です。

貧乏な希が「keisuke kanda」?苦情も

「keisuke kanda」はそれなりのお値段がするブランドであり、可愛さを追求する女性たちに人気があるのですが、それだけに、「貧乏」であり「田舎育ちで野暮ったい」津村希がこの服を着ていることに疑問の声もあるようです(笑)。

そのあたりの声は神田氏の耳にも入っているようで、自身のツイッターで以下のような発言をしています。

まれちゃんは貧乏なのに何故ケイスケカンダ着てるんですか?おかしくないですか?みたいな苦情?メールがウチの会社にやたら来てるようです(笑)。まあそこはドラマですから。毎朝15分間のファンタジーですよ、あれは。まれちゃんが、あの服を着て笑ってくれると嫌なことも忘れます。応援してます!
(神田恵介氏ツイッターより引用)

最後に。同じく神田氏のツイッターでの発言の中に素敵なつぶやきがありますので引用しておきます。

ちなみに、僕が人生で一番服にお金をかけてたのは、人生で一番貧乏な時でした。逆に言えば、金持ちだから服にお金をかけれるってのは、所詮、服なんかあまり好きじゃないってことでしょう。渇いてる時に求めるものこそ。満たされてる時に与えたいものこそ。
(神田恵介氏ツイッターより引用)

▼可愛いゾウのロゴが目印。「keisukekanda(ケイスケカンダ)」公式サイト。
http://www.keisukekanda.com/

▼「keisukekanda(ケイスケカンダ)」まとめ。洋服の写真、取扱店情報などが。
http://mery.jp/108509

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑