「おかえりモネ」ヒロインの妹・永浦未知 期待の女優・蒔田彩珠が演じる

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場するヒロインの妹・永浦未知(ながうら・みち)の人物像などをまとめます。

未知を演じるのは、「とと姉ちゃん」「ゴーイングマイホーム」「万引き家族」などに出演経験がある子役出身の女優・蒔田彩珠(まきた・あじゅ)です。

しっかり者の妹・未知

ヒロインの百音(清原果耶)と2歳下の妹・未知は、昔から仲良し姉妹。勉強が苦手ながら行動的な姉とは対照的に、妹の未知は勉強が大の得意で、しっかり者の堅実派。

東日本大震災を経て、百音は思うところがあり県内内陸部の登米に移り住みますが、未知は家業の養殖業を担おうと水産高校で勉強に励み、水産試験場で働く道を選びます。

地元を飛び出してやりたいことにまっすぐ突き進む姉のことを、未知は本当は誰よりも応援したいと思っているようですが、その気持ちはそう単純なものではなさそう。親を思い地元を大切にする優しく不器用な娘・未知が、どのような人生を歩んでいくのか楽しみです。

元子役 是枝作品常連女優・蒔田彩珠

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿

 

 

永浦未知を演じるのは、神奈川県出身で「ユマニテ」という事務所に所属する18歳の女優・蒔田彩珠(まきた・あじゅ)です。

子役として活動していた兄の影響を受けて、7歳で子役デビューを果たした蒔田彩珠。

10歳の時に阿部寛主演のドラマ「ゴーイングマイホーム」(2012年・関西テレビ)で阿部寛の娘役(坪井萌江役)を演じると、感受性豊かで不思議な世界観に生きる少女役を好演し、是枝裕和監督から絶賛を受けています。

この是枝監督の言葉は社交辞令ではなかったようで、その後「海よりもまだ深く」(2016年・彩珠役)、「三度目の殺人」(2017年・重盛ゆか役)、「万引き家族」(2018年・柴田さやか役)と、是枝作品の常連として重要な役柄を演じています。

「万引き家族」は第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞、「海よりもまだ深く」は第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の出品作品となっており、蒔田彩珠は若くして世界的な作品と関わる貴重な経験を得ています。

また、2020年にはこちらも大物監督である河瀨直美監督の映画作品「朝が来る」に片倉ひかり役で出演。同作品は第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection 2020」選出作品となったほか、蒔田彩珠はこの作品で第44回日本アカデミー賞新人俳優賞など複数の賞を受賞しています。

NHK「とと姉ちゃん」「透明なゆりかご」

2013年のスペシャルドラマ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ)でまる子の姉・さくらさきこ役を演じ、2016年には「重版出来! 」(TBS)では後田アユ役でレギュラー出演するなど、テレビドラマでも活躍を見せている蒔田彩珠。

NHKもその才能には早くから目をつけているようで、2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」ではヒロインの姪っ子・水田たまき(13歳)役を演じ、朝ドラ初出演。

続く2017年の「みをつくし料理帖」にふき役でレギュラー出演をしたほか、2018年の「透明なゆりかご」では妊娠出産後に赤ちゃんを捨ててしまう高校生・中本千絵役でゲスト出演をしています。

この「透明なゆりかご」は、「おかえりモネ」で姉妹役を演じることになる清原果耶が主演(看護師役)を務めているほか、同じく「おかえりモネ」を手掛ける安達奈緒子氏が脚本を担当しています。高い評価を得た「透明なゆりかご」のメンバーが「おかえりモネ」で再び集結することになります。

実績と実力とフレッシュさを兼ね備えた蒔田彩珠。近い将来、朝ドラのヒロインに抜擢される時が来るかも知れません。

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿

 

 

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑