「おちょやん」ヒロイン・千代の少女時代 子役・毎田暖乃は「スカーレット」にも出演

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロイン・千代の少女時代を演じる子役・毎田暖乃(まいだ・のの)についてまとめます。

毎田暖乃は朝ドラ「スカーレット」に出演しています。

「令和のおしん」?女中奉公で苦労を重ねる千代

「おちょやん」の第1週、第2週はヒロインの少女時代のエピソードが描かれます。ヒロインを演じる杉咲花が本格登場するのは第3週からとなります。

大阪・南河内の貧しい養鶏農家に生まれたヒロイン・竹井千代は早くに母を亡くし、女好きなダメ父・テルヲ(トータス松本)に振り回され続ける悲惨な少女時代を送ります。

父が連れてきた継母・栗子(宮澤エマ)との折り合いも悪くなり、9歳で大阪・道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される千代。生涯持ち続けることになる負けん気や忍耐強さは、少女時代の度を越した苦労により培われていきます。

女優・浪花千栄子の生い立ちの苦労をモチーフにした第1週、第2週のストーリー展開は、さながら「令和のおしん」。「おんどりゃー」などといった迫力ある河内弁を駆使し、子役・毎田暖乃がヒロインの少女時代を生き生きと演じていきます。

▼朝ドラ「おちょやん」最新回・過去回の見逃し視聴は、U-NEXTがオススメ。U-NEXTの無料トライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間楽しめちゃいます。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

“"

オーディションで満場一致 子役・毎田暖乃

千代の少女時代を演じるのは、ドラマの地元である大阪出身の子役・毎田暖乃です。2011年生まれの9歳で、「株式会社ルート」に所属しています。

約500人が参加したというオーディションの中から、見事大役に選ばれた毎田暖乃。チーフ・プロデューサーによれば、毎田暖乃の演技力や表現力は参加者の中でも抜きん出ていたそうで、「ちゃんと相手のお芝居を見て自分の演技ができる子はなかなかいない。全然違う」と、その才能を絶賛しています。

結局全員一致で「この子しかいない」と場の意見がまとまり、見事オーディションを勝ち抜いています。

「スカーレット」照子の長女・熊谷雪子役

驚くべきなのが、毎田暖乃は子役としての活動歴がわずかしかないということ。主な出演経歴としては「フジランドセル」のCM出演と、昨年放送されたNHK朝ドラ「スカーレット」への短期出演があるくらいです。

その「スカーレット」では、大島優子が演じた熊谷照子の三人娘の長女・熊谷雪子役で出演をしています(第13週)。

とはいえ、この時に脚光を浴びたのはヒロインの息子・武志とやたら仲が良かった次女・芽ぐみ(米田登貴)の方であり、雪子が登場したのは三姉妹一緒のシーンなど数えるほど。つまり、ほとんど実績がない子役を「おちょやん」のヒロイン役に大抜擢したというわけです。

ドラマの現場のプロたちが絶賛する毎田暖乃の演技が楽しみですね。

関連記事
朝ドラ「おちょやん」出演の子役まとめ
「おちょやん」岡田みつえの子供時代 子役・岸田結光は「わろてんか」「べっぴんさん」にも出演
「おちょやん」天海一平の子供時代 子役・中須翔真は「スカーレット」武志役で人気に

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑