【おちょやん】千代と天海一平は結婚、離婚をするの?モデル夫婦は浪花千栄子と渋谷天外

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「おちょやん」のヒロイン夫婦・千代と天海一平が離婚するのかどうか、についてまとめます。

あわせて、ヒロイン夫婦のモデルとなっている浪花千栄子と渋谷天外夫婦の結婚、離婚についてもまとめます。

結婚する千代と一平

貧しい家に生まれ女中奉公の末に女優を志すことになるヒロイン・竹井千代(杉咲花)。そして、人気喜劇一座の座長・天海天海の息子として生まれ、喜劇界のプリンスとして活躍していくことになる天海一平(成田凌)。

NHK発表の事前あらすじによれば、二人はやがて結婚し、二人三脚で喜劇の世界を切り拓いていくことが判明しています。

<NHK発表のあらすじより抜粋>

(略)…彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。そこで、喜劇界のプリンス、天海一平(あまみいっぺい)と結婚。喜劇女優として少しずつ成長していく。

千代と一平は離婚する見込み

そして気になるのが、二人のモデルである浪花千栄子、渋谷天外が戦後に離婚をしているという事実。

NHKが発表している「おちょやん」の事前あらすじには続けて以下のような文章があり、史実通り二人は離婚する公算です。

<NHK発表のあらすじより抜粋>

…千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。彼女は芝居の世界から去ってしまう。しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。(以下略) 

芝居茶屋・岡島での出会い 千栄子と天外

ヒロイン・千代のモデルである女優・浪花千栄子は、女優を志す時期に働いた大阪道頓堀の芝居茶屋・岡島で、居候(食客)をしていた喜劇役者・渋谷天外(二代目)と出会っています。

※(余談補足)ドラマではヒロインは9歳から芝居茶屋・岡安で女中奉公をしていますが、史実の浪花千栄子は8歳で道頓堀の仕出し屋・浪花料理に女中奉公をしています。浪花千栄子が芝居茶屋・岡島で働くのはだいぶあと、逃亡先の京都のカフェーで女優を勧められて女優の道に進んでからのことになります。

以下、浪花千栄子の発言を引用。

「そのころ私が居候していた岡島で、やっぱり居候をしていたのが渋谷天外さんです。…天外さんは十吾さんともめてぶらぶらしてましてね。私が二階を拭いているのに、向こうは三階の手すりにもたれたりして…。まあそんな縁で天外さんと結婚したのが昭和5年11月12日。…」(浪花千栄子芸談より一部抜粋)

女優としての給金がもらえずに芝居茶屋でお茶子の代わりをしていた千栄子。千栄子は茶屋の一階に、天外は三階に住んでいたようです。

当時、天外は曾我廼家十吾とともに松竹家庭劇に参加していましたが、劇団の女優がどんどんと居なくなってしまい、天外は女優の卵だった千栄子を家庭劇のヘルプとして招聘。韓国興行などに一緒に行っているうちに二人は親密な関係になったようです。

父・初代天外の死後長らく岡島に居候をしていた天外は、岡島のツテで大阪・住吉に新居を構え、千栄子と同棲、結婚へと至っています。

女優・九重京子との浮気 許さなかった千栄子

結婚後、千栄子は天外とともに松竹家庭劇、すいーと・ほーむ、松竹新喜劇と渡り歩き、夫婦で喜劇役者として成長していきます。

戦後の昭和23年に立ち上がった松竹新喜劇が軌道に乗り始め、浪花千栄子が喜劇女優として脚光を浴び始めた頃のこと。

無類の女好きだった天外は、結婚後も劇団関係の様々な女性と関係を持っていたようですが、千栄子が唯一許せなかったのが後輩でもあった新喜劇女優・九重京子(後の天外夫人・喜久栄)との関係でした。

九重京子は千栄子が特に可愛がっていた女優であり、そのことがどうしても許せなかったようです。やがて九重京子は天外の子を妊娠して新喜劇を退団。九重京子が天外の長男を生むと、天外との関係が破綻してしまった千栄子も翌年に新喜劇を退団しています。※天外は後に九重京子と再婚。

人気女優・浪花千栄子を失った新喜劇は危機を迎えるかと思われましたが、すぐに酒井光子ら次世代の女優が台頭。天外もこの時期に代表作「桂春団治」の脚本を書き上げるなど、皮肉にも離婚を経て新しい成果を生み出しています。

元夫への積年の恨み 女優として大成した千栄子

千栄子は離婚後、京都の嵐山に料理旅館を作りますが、別れた夫に対する怨念は相当のものがあったようで、旅館の敷石の裏に「渋谷天外」の文字を彫って、毎日踏み歩いていたそうです(笑)。

「二十年のあなたとの辛酸の体験に物言わせて、人間渋谷天外を、平伏さすようなりっぱな仕事を残したいものと、念願いたしています」(浪花千栄子著「水のように」より抜粋)

千栄子は尽くし続けた元夫への怨念をバネにして、花菱アチャコとのラジオ番組「アチャコ青春手帳」「お父さんはお人好し」や多くの映画、テレビなどで大活躍。ナニワ、上方を代表する女優として、芸能史に名を残していくのです。

▼朝ドラ「おちょやん」最新回・過去回の見逃し視聴は、U-NEXTがオススメ。U-NEXTの無料トライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間楽しめちゃいます。 

“"

関連記事
朝ドラ「おちょやん」ヒロインは杉咲花 モデルは上方女優・浪花千栄子
【おちょやん】天海一平(成田凌) モデルは二代目・渋谷天外
【おちょやん】鶴亀家庭劇 モデルは松竹家庭劇(曾我廼家十吾・渋谷天外)
【おちょやん】芝居茶屋「岡安」 モデルは道頓堀の芝居茶屋「岡島」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑