卒業式でのブラックバーン校長のスピーチ全文と、はなの和訳

スポンサードリンク

5月17日(土)放送のNHK連続テレビ小説「花子とアン」。ついにはな(吉高由里子)たちが修和女学校を卒業し、旅立つ日がやってきました。卒業式では畠山さん(大西礼芳)が生徒を代表して答辞を、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)が生徒へ向けてはなむけの言葉を述べました。

以下、ブラックバーン校長の卒業スピーチの全文と、はなが訳した日本語訳をメモしておきます。

My girls!

Grow old along with me, the best is yet to be.

わたしの愛する生徒たちよ
我とともに老いよ 最上のものは なお後にきたる

If some decade later,
you look back on your time with us here
and you feel that these were  the happiest days of your life,
then i must say your education will have been a failure.

今から何十年後かに あなた方がこの学校生活を思い出して、
あの時代が一番幸せだった、楽しかったと 心の底から感じるのなら、
わたしはこの学校の教育が 失敗だったと言わなければなりません。

Life must improve as it takes its course.

Your youth you spend in preparation
because the best things are never in the past, but in the future.

人生は進歩です
若い時代は準備のときであり、
最上のものは過去にあるのではなく将来にあります

I hope that you pursue life,
and hold onto your hope and your dream
until the very end of the journey.

旅路の最後まで
希望と理想を持ち続け 進んでいくものでありますように

(※参考までに、英単語の意味。→ decade=10年間 education=教育 failure=失敗 improve=進歩する preparation=準備(すること) past=過去 future=未来 pursue=追求する)

以上がブラックバーン校長のスピーチです。また、富山タキ先生(ともさかりえ)からもはなに向けて以下の言葉が贈られました。

Every woman is the architect of her own fortune.

自分の運命を決めるのは自分自身です

〜はなたち女学校の生徒たちは、これらの言葉を胸に新しい道へと歩んでいきます。

関連記事
【花子とアン】9/1 ミス・ブラックバーン最後の出番か 村岡家に帰国の挨拶に来る
「花子とアン」スコット先生の美しい歌「The Water Is Wide」その歌詞と意味
白鳥かをるこが山梨・勝沼の出身だったと衝撃カミングアウト 山梨弁を披露

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. 花子の卒業 ひきたさんのTLにもありますが、今日の「花子とア | Hist Twivivi より:

    […] バーン校長の言葉はとても素晴らしかった。自分を省みる言葉でもある。 通勤が変わり、朝ドラを平日に見られないのがちょとさびしい。 http://locatv.com/hanako-anne-blackburn-speech/ … […]

スポンサードリンク

花燃ゆ サブカル ブラタモリ 俳優 音楽 歴史 信長協奏曲 下町ロケット 孤独のグルメ 地域文化 花子とアン 食文化 アイドル 女優 視聴率 ナポレオンの村 釣りバカ日誌 真田丸 タモリ倶楽部 ごちそうさん 東京都北区赤羽 あさが来た 映画 ど根性ガエル ヒストリア 軍師官兵衛 醸造 大阪 べっぴんさん あまちゃん まれ 天皇の料理番 NHK ロケ地 朝ドラ とと姉ちゃん ドラマ マッサン 美女と男子 バラエティ
PAGE TOP ↑