【ひよっこ】ヒロイン・みね子の生まれた年、生きた時代設定は?団塊の世代か

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の物語の時代設定と、ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)の年齢、生年などをまとめます。

みね子の世代は、いわゆる「団塊の世代」の最初の世代。この世代が辿った戦後という時代についても簡単にまとめます。

戦後、高度経済成長期の物語

▼参考までに、近作朝ドラ・ヒロインのモデル人物が生きた時代のグラフ。「ひよっこ」のみね子は、赤線が引かれた終戦直後の生まれ。


「あさが来た」(幕末〜)、「とと姉ちゃん」(昭和初期〜)、「べっぴんさん」(昭和初期〜)と、しばらく「時代物」が続いていたNHKの朝ドラ。「ひよっこ」は、バブル崩壊期以降を描いた「まれ」以来2年ぶりとなる戦後を舞台とした物語です。

物語のスタートは、東京オリンピックが開催される1964年(昭和39年)から始まります。ヒロイン・谷田部みね子は茨城県の北西にある「奥茨城村」で育った高校三年生で、卒業後に集団就職により東京に上京することになります。

この集団就職はいわゆる「金の卵」と言われたもので、地方農村部で中等教育機関を新規に卒業した若者たち(中卒、高卒)が東京などの大都市の中小企業、工場などに集団で就職した現象を言います。

みね子も東京の下町にあるトランジスタ工場「向島電機」(墨田区)に就職しますが、過酷な長時間労働、東京五輪後の不況による会社の倒産などを経験。高度経済成長期の時代背景を織り交ぜながら、ストーリーは進んでいきます。

1946年(昭和21年)生まれか 団塊の世代

ヒロイン・みね子は1964年(昭和39年)秋の時点で高校三年生(17歳)とのことなので、恐らく戦後すぐ、1946年(昭和21年)前後の生まれと推測されます。

戦後すぐの「第一次ベビーブーム」によって誕生した「団塊の世代」の定義は、一般的に1947年(昭和22年)〜1949年(昭和24年)とされます。みね子は団塊の世代のギリギリ最初、ハシリの世代といったところでしょうか。

団塊の世代は、戦後日本の右肩上がりの経済成長、バブル崩壊、長期不況の時代をそのまま生き抜いた世代です。大学時代は大学紛争が、結婚適齢期を迎えた1973年前後には第二次ベビーブーム(いわゆる団塊ジュニア)が発生。その後、働き盛りの30代後半でバブル期を迎え、40代半ばでバブルが崩壊しています。

1946年(昭和21年)生まれの方は2017年現在、おおよそ71歳になっています。この世代の方々にとって、「ひよっこ」の時代背景や情景描写はたまらなく懐かしいものになるのではないでしょうか。

関連記事
【ひよっこ11週〜】昭和41年(1966年)の出来事、世相、ヒット曲まとめ ビートルズが来日!
【ひよっこ】主要出演俳優、女優の実年齢まとめ
【ひよっこ】昭和39年当時の物価、給与水準は?谷田部家の年収は30万円弱
「ひよっこ」タイトルの意味とは フランスのことわざ「卵を割らなければ、オムレツは作れない」
【朝ドラ・ひよっこ】見どころ6つ 増量、宮本信子との共演、若手女優…
【ひよっこ】ヒロイン・谷田部みね子にモデル人物は存在する?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑