「ちむどんどん」5月13日 歌子(上白石萌歌)が歌った曲は「芭蕉布(ばしょうふ)」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」5月13日(金)の第25回で歌子(上白石萌歌)が歌った沖縄民謡「芭蕉布(ばしょうふ)」についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

下地先生から楽譜を渡されて歌った「芭蕉布」

5月13日の放送では、卒業と上京が迫る暢子(黒島結菜)の沖縄での日々が描かれています。そんな中で印象的だったのが、歌子(上白石萌歌)が歌った沖縄歌謡「芭蕉布(ばしょうふ)」でした。

音楽室で下地先生(片桐はいり)から「この歌、歌ってみて」と言われ、「芭蕉布」の歌詞が書かれた原稿を手渡された歌子。

これからは三線を弾くのに男も女も関係ない、音楽にちむどんどんするかしないか、それだけさーというメッセージを下地先生から受け取った歌子は、沖縄の海と空の青さやバショウ(植物)の風景を歌った「芭蕉布」を美しく歌い上げています。

また、暢子が上京する前日の夜に、歌子が弾き語る「芭蕉布」を家族4人で歌う姿も描かれています。

夏川りみも歌う 沖縄歌謡「芭蕉布」

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる