「ちむどんどん」鶴見の沖縄県人会の会長・平良三郎 演じる片岡鶴太郎は朝ドラ5作目の出演

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場する鶴見の沖縄県人会会長・平良三郎の人物像などをまとめます。

平良三郎を演じている片岡鶴太郎の朝ドラ出演歴などもまとめます。

スポンサーリンク

目次

途方に暮れる暢子を助ける 平良三郎

いよいよ上京することになる暢子(黒島結菜)ですが、東京で身を寄せようとしていた兄・賢秀(竜星涼)が多額の借金を残して失踪していたことが判明。見知らぬ大都会で途方に暮れることになります。

そんな暢子を手助けするのが、賢秀の足跡を追って立ち寄った横浜・鶴見で沖縄県人会の会長を務める平良三郎(片岡鶴太郎)という人物です。暢子は、鶴見の街角で三郎が弾く三線の音色を聞き、吸い寄せられるように三郎と出会うことになります。

鶴見育ちの沖縄二世

平良三郎は、出稼ぎのために沖縄から上京した両親のもと、鶴見で生まれ育った「沖縄二世」です。いくつかの会社を経営する地域の顔であり、沖縄人たちが寄り添って暮らす神奈川県横浜市・鶴見地区で沖縄県人会会長を務めている重要人物です。

若い頃は父に反発して荒れていた時期もあった三郎ですが、現在はだいぶ丸くなっており、沖縄から出てきた暢子を優しく見守っていくことになりそうです(とはいえ、時にカタギではない一面も見せる?)。

暢子は三郎に下宿先や就職先などを紹介してもらい、新生活を無事スタートさせることになります。

生い立ちにコンプレックス?

琉球藍染の着物を身にまとい、三線を弾き語る三郎。いかにも沖縄人といった雰囲気を醸し出しますが、生まれも育ちも鶴見であり、沖縄の言葉を話せません。

ウチナーンチュでありながらウチナーンチュではない、そんな微妙な立場にある三郎だからこそ、沖縄への思いが強いようです。ウチナーンチュとしての誇りと、どっちつかずである出自へのコンプレックスと…。沖縄に対して複雑な思いや憧れがあるからこそ、暢子に対して大きな愛を見せていくのかも知れません。

また、三郎は暢子が働くことになるイタリアレストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子(原田美枝子)と過去に何かあったらしく、二人の関係性もドラマの大きな見どころとなりそうです。

俳優、タレント、芸術家としてマルチな才能 片岡鶴太郎

平良三郎を演じているのは、東京都荒川区出身の67才のタレント、俳優、画家の片岡鶴太郎です。

1980年代から「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも」(フジテレビ)や「鶴ちゃんのプッツン5」(日本テレビ)などのバラエティ番組に多数出演。数々のモノマネ芸(浦辺粂子、近藤真彦、具志堅用高、たこ八郎など)や流行語(ちょっちゅね~、プッツン、キューちゃん など)も大人気となり、トップタレントとして大きな成功を収めています。

俳優としても「男女7人夏物語」(1986年・TBS)、「季節はずれの海岸物語」シリーズ(1988年〜・フジテレビ・主演)、「金田一耕助」シリーズ(1990年〜・フジテレビ・主演)やNHK大河ドラマ「太平記」(1991年)、「篤姫」(2008年)、「軍師官兵衛」(2014年)、「麒麟がくる」(2020年)など多数の作品に出演。

並行して行う画家、書家の活動などを含めていずれも成功を収め、豊かな才能を見せ続けています。

楽天ブックス
¥1,540 (2022/05/13 03:17時点 | 楽天市場調べ)

朝ドラは5作目の出演

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)は、1987年に「チョッちゃん」の中山音吉役で出演したのを皮切りに、「春よ、来い」(1994年)のヒロイン伯父・長坂平吉役、「梅ちゃん先生」(2012年)のヒロイン夫の父・安岡幸吉役、「とと姉ちゃん」(2016年)の青柳商店番頭・隈井栄太郎役で出演。

「ちむどんどん」は6年ぶり、通算5作目の朝ドラ出演となります。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる