「ちむどんどん」歌子の恋のお相手?運送会社社員・花城真一 俳優・細田善彦が演じる

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第9週では、社会人として働き始めた歌子がある男性を意識していく姿が描かれていきます。

歌子の恋のお相手となりそうな会社員・花城真一(はなしろ・しんいち)を演じるのは、俳優の細田善彦(ほそだ・よしひこ)。智ニーニーとの恋をあきらめかけていた歌子は、優しい先輩・花城にほのかな恋心を抱いていきますが、思わぬ事実を知ってしまい…。

スポンサーリンク

目次

普久原運輸の社員・花城真一

高校を卒業し、地元の運送会社「普久原運輸」の事務職員として働き始めることになる比嘉家の末っ子・歌子(上白石萌歌)。

歌子はこの「普久原運輸」で新しい人達と出会って世界を広げていくことになりますが、中でも若手男性社員・花城真一(細田善彦)と親密になっていきそうです。

給湯室で歌子が歌う「翼をください」を聞いた花城は、病気で会社を休んでいた歌子を自宅に見舞うと、持参した音楽雑誌「音星(12月号・恋の歌特集)」を手土産として渡します。花城の思わぬ優しさを感じた歌子は、嬉しそうな表情を見せています。

智ニーニーへの恋心に終止符が打たれたのかどうかは定かではありませんが、歌子は新しい恋を経験していきそうです。とはいえ、歌子には相変わらず健康問題が横たわっており、会社を欠勤することが増えて…。

※(追記)その後、歌子は体調不良により「普久原運輸」を退職。歌子は退職の日に、花城が「経理の伊志嶺さん」と結婚するという事実を知って大きなショックを受けてしまいます。花城が持ってきてくれた雑誌「音星」もこの「経理の伊志嶺」さんのものだったと知り、ショックも更に増大。自身の体調不良も相まって、歌子はすっかり「闇落ち」をしてしまいます(第47回放送)。

御曹司?慶応出身の俳優・細田善彦

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる