「ちむどんどん」アッラ・フォンターナのオーナー・大城房子 女優・原田美枝子が演じる

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場するイタリア料理店のオーナー・大城房子の人物像についてまとめます。

大城房子を演じるのは、大物女優の原田美枝子(はらだ・みえこ)です。

スポンサーリンク

目次

暢子が働く「アッラ・フォンターナ」オーナー 大城房子

上京した暢子は、鶴見の沖縄県人会長・平良三郎(片岡鶴太郎)の仲介により、東京のイタリア料理店「アッラ・フォンターナ」で働くことになります。

大城房子は、この「アッラ・フォンターナ」に君臨する絶対的オーナー。料理人修行を開始した暢子の前に立ちはだかり、暢子に様々な試練を与えていきます。

房子は横浜で生まれ育った「沖縄二世」だそうで、戦後の闇市の時代を生き抜き、イタリア修行を経て銀座にレストランを構えたという叩き上げの人。着物をパリッと着こなして店に立つ房子の姿は、苦労や孤独をいとわずに懸命に生きてきた矜持がうかがえます。

指示したことが出来なければ「クビ」だと言い放つなど、現在ではパワハラとも取られかねない房子の厳しい言動ですが、その裏には暢子への深い愛情があるようです。

ドラマの後半では房子と比嘉家、平良三郎との不思議な因縁も描かれていくとのこと。暢子の父・賢三(大森南朋)は戦後に鶴見で働いていた過去がありますから(第1週で、親戚が闇市で食堂をしていた縁で鶴見にいたと言及)、このあたりの話が伏線として繋がっていくのかも知れません。

巨匠たちが認めた大物女優・原田美枝子

▼菅田将暉とは母子役でのW主演となる映画「百花」(2022年9月公開予定)。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる