「鎌倉殿の13人」義時の妹・実衣(阿波局) 「おちょやん」で注目の宮澤エマが演じる

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する北条義時の妹・実衣(みい)=阿波局(あわのつぼね)の人物像などをまとめます。

実衣を演じているのは、朝ドラ「おちょやん」などで注目を浴びた俳優・宮澤エマです。

スポンサーリンク

目次

北条義時の妹・実衣

伊豆の弱小豪族だった北条家の次男坊・北条義時(小栗旬)が主人公の「鎌倉殿の13人」。義時には宗時(片岡愛之助)、政子(小池栄子)、実衣(宮澤エマ)ら個性豊かなきょうだいがおり、北条家の躍進を支えていきます。

母方の祖父「じさま」こと伊東祐親から見た家系図は以下の通り。実衣と宗時、義時は「伊東祐親の娘」を母とする同母の兄妹ですが、政子の母は詳細がわかっておらず、異母姉妹ともされます(同母姉妹の可能性も)。
※この図には載せませんでしたが、北条時政は継室(後妻)としてりく(牧の方)を迎え、実衣にとっては異母弟妹となる北条政範や娘たちが生まれています。

伊東家、北条家家系図。※主要人物のみに簡略化しています。


「鎌倉殿の13人」で描かれる実衣は、脚本を担当する三谷幸喜ならではのコミカルなキャラクター付けがされています。

実衣は、北条家に逃げ込んできた源氏の流人・源頼朝に肩入れをしていく宗時や政子のことを冷ややかに眺めていきます。一方で北条家で巻き起こる騒動には興味津々で、ドタバタの蚊帳の外に置かれると不機嫌になっていじけてしまいます。

義兄となった頼朝の浮気を知った際には浮足立って周囲に言いふらしてしまうなど、実衣の口の軽さが騒動の発端になることもしばしば。皮肉屋で愚痴が大好き、噂好きな実衣が家族をかき乱していきます。

実衣は気まぐれな「妹気質」を見せる一方で、北条家との絆を守り、一家と運命をともにしていきます。

源頼朝の異母弟・阿野全成と結婚 実朝の乳母に

実衣はやがて、源頼朝の異母弟にあたる僧侶・阿野全成(あの・ぜんじょう)と結婚。おしどり夫婦となり、全成の四男となる阿野時元を産みます。また、頼朝と政子の間に次男・千幡(後の第3代将軍・源実朝)が生まれると、実衣は甥っ子にあたる千幡の乳母になります

夫の阿野全成はやがて源実朝の将軍就任を画策するようになると、北条時政、義時らと組み、2代将軍・源頼家の一派と対立。しかし全成は、頼家が派遣した八田知家に誅殺されてしまいます。この時、頼家は全成の妻の阿波局(実衣)も捕らえようとしますが、政子が引き渡しを断固拒否しています。

また、息子の阿野時元は後に3代将軍・源実朝の死後に次期将軍を目指して挙兵するものの、今度は執権の北条義時の手勢に討ち取られて命を落とすことになります。

実衣は愛する夫を頼家一派に、我が子を兄の義時によって殺されてしまうのです。

3代将軍・源実朝の死後、政子や義時が親王将軍の迎え入れを後鳥羽上皇院政下の朝廷に要請し、源氏の血統が次々に粛清されるという流れが見られました。源氏の血を引く時元の死も、この流れの中で起きたのではないかとされます。

▷実衣(阿波局)を演じているのは、東京都出身の33歳の俳優・宮澤エマです。母方の祖父に第78代内閣総理大臣・宮澤喜一を持つ宮澤エマ。父がアメリカ人ということもあり、幼少期をアメリカで過ごすと、2012年頃から「総理の孫」というキャラクターで「ネプリーグ」「踊る!さんま御殿!!」など多数のバラエティ番組に出演。やがて宮本亜門との縁からミュージカルの世界に飛び込み、多数の舞台作品で活躍。2020年にはNHK朝ドラ「おちょやん」でヒロインの継母・栗子役を強烈に演じ、ドラマ俳優としても注目が高まっています。

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる