「鎌倉殿の13人」工藤祐経(坪倉由幸) 伊東祐親への恨みの理由は?「曾我兄弟の仇討ち」に発展する恨みの連鎖

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でお笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸が演じている工藤祐経(くどう・すけつね)についてまとめます。

第1話を見ると「じさま」こと伊東祐親と工藤祐経との関係性がわかりづらかったと思いますので、そのあたりの経緯や二人の因縁などもまとめてみます。

スポンサーリンク

目次

伊東祐親から酷い仕打ち 恨む工藤祐経 二人の関係性・家系図

「鎌倉殿の13人」第1話では、ボロボロの身なりの工藤祐経(坪倉由幸)が「じさま」こと有力者・伊東祐親(浅野和之)に対し、奪われた土地(伊東荘)を返すよう必死に懇願する姿が描かれています。

伊東祐親は工藤祐経に「この地にお主の居場所はない!」と言い放ち、無慈悲に立ち去ってしまいます。

伊豆・伊東氏の祖である工藤祐隆(=伊東家次)から本領である伊東荘や宇佐美荘を受け継いでいた工藤祐経ですが、これが気に食わなかった伊東祐親は、工藤祐経から土地も妻(祐親の娘)も奪うという実力行使を見せています。

この所領争いを理解するためには、以下の伊東祐親と工藤祐経の関係図、家系図を理解すると良いでしょう。

伊東祐親の恨み「自分が嫡孫だったのに…」

伊東氏の祖であり、久須見荘(伊東荘、宇佐美荘、河津荘などから成る)を領した工藤祐隆(=伊東家次)。彼には先妻との間に嫡男の伊東祐家が居ましたが、若くして祐家は亡くなってしまいます。

後継者を失った工藤祐隆は、後妻の連れ子の娘が産んだ男子(工藤祐隆自身の子であるともいわれる)を養子に迎え、工藤祐継の名を与えた上で嫡男として本領の伊東荘と宇佐美荘を与えています。

一方、嫡男だった亡き伊東祐家の息子・伊東祐親(祐隆にとっては実孫)も工藤祐隆の次男として養子縁組がなされ、河津荘が与えられています。祐隆は自身の領地を養子の祐継、祐親に分割継承させる措置を採ったのです。

この処遇に憤慨したのが、本来ならば工藤祐隆の正統な「嫡孫」として惣領の地位や本領の伊東荘を与えられるはずだった伊東祐親(=じさま)でした。

祐経から所領と妻を奪い取る祐親 憎しみの連鎖が後に「曾我兄弟の仇討ち」に

伊東祐親は、伊東家の嫡男となっていた工藤祐継が早くに亡くなると、祐継の息子で伊東家の後継者=嫡男となる工藤祐経(当時9歳)の後見人となり祐経を養育。さらに祐経に娘の万劫御前を嫁がせています。

しかし、所領を巡る恨みはついに消えなかったようで、伊東祐親は工藤祐経が上京している間に伊東荘を奪った上、万劫御前とも離縁をさせてしまいます。こうして「鎌倉殿の13人」第1話で描かれたように工藤祐経は落ちぶれ、伊東祐親を恨むようになったわけです。

伊東祐親の仕打ちを深く恨んだ工藤祐経は、安元2年(1176年)に郎党に命じて伊東祐親の殺害を図ります。郎党は伊東祐親の命は奪いそこねるのですが、一緒に居た彼の嫡男・河津祐泰が射殺されています。

父・河津祐泰を失った幼き曾我兄弟(曾我祐成、時致)は母の再婚先である相模国曾我荘で育つと、やがて建久4年(1193年)に源頼朝の寵臣となっていた工藤祐経を急襲して討ち取ることになります。父・河津祐泰の死から17年後に成された、息子たちによる仇討ちでした。

この事件は日本三大仇討ちの1つ「曾我兄弟の仇討ち」として語り継がれ、武士社会においては仇討ちの模範とされるようになります。また、「曽我物」として各種芸能(能・浄瑠璃・歌舞伎など)の題材となるほか、尋常小学校の教科書などにも登場しています。

歴史に残る「曾我兄弟の仇討ち」を脚本担当の三谷幸喜がどのように描いていくのか、楽しみです。

楽天ブックス
¥1,980 (2022/01/13 18:53時点 | 楽天市場調べ)

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる