「青天を衝け」ていの夫・須永才三郎(渋沢市郎)は栄一の従弟 俳優・石川竜太郎が演じる

NHK大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一の妹・ていと結婚する男性・須永才三郎 / 渋沢市郎が何者なのかについてまとめます。

須永才三郎を演じているのは、俳優の石川竜太郎です。

スポンサーリンク

目次

ていが結婚 須永才三郎が「中の家」の婿に入る

「青天を衝け」第31話では、市郎右衛門(小林薫)亡き後の「中の家」(なかんち=渋沢栄一の生家)を末妹のてい(藤野涼子)が受け継ぐ様子が描かれています。

市郎右衛門の初七日が終わると、ていとの結婚が決まったという須永才三郎なる男が「中の家」に挨拶にやってきます。

才三郎は、「渋沢市郎」を名乗った上で「中の家」に婿入りするという条件を生前の市郎右衛門から打診されており、これを承諾した上で、ていとの結婚を決意しています。

渋沢栄一の従弟・須永才三郎

「青天を衝け」劇中では詳しく語られていませんが、この須永才三郎という人物は渋沢栄一の従弟にあたる人物です。

才三郎は、市郎右衛門の妹・きい(ドラマには登場せず)の次男。きいは、上野国新田郡成塚村の須永惣次郎に嫁ぐと、長男・須永伝蔵 、次男・須永才三郎という男子を生んでいます。※長男の須永伝蔵は、「青天を衝け」でも栄一と行動をともにする村の若者・須永伝蔵(萩原護)として登場していますね。
「青天を衝け」作男・伝蔵(萩原護) 渋沢栄一の従弟・須永伝蔵(虎之助)がモデルか

若くして郷里の血洗島を飛び出していた渋沢栄一は、父・市郎右衛門が大病を患うと「中の家」の後継となる養子を迎えることを強く主張しましたが、「此家は御身の承くべきものなれば、余の亡き跡の事どもは只御身の処分に任せんのみ」として、市郎右衛門はなかなか首を縦に振らなかったそうです。

そこで栄一は、かねてから心に思い定めていたという従弟・須永才三郎を妹・貞(てい)の夫として婿に迎えることを懇願。市郎右衛門の了承を得ると、市郎右衛門の死後にこれを正式に内外に表明しています。

地元の名士として活躍

「中の家」に婿入りした才三郎は「渋沢市郎」を名乗った上で、家を継承。先代の市郎右衛門が手掛けた藍の製造販売は廃業とし、農業を本業としたそうです。その後、市郎は八基村(旧血洗島村、下手計村などが合併)の村会議員や埼玉県会議員を務めると、満期後には深谷銀行を組織して取締役として経営に参加。地元の名士として活躍を見せています。

市郎と貞との間には長男・元治(電気工学者となり、名古屋帝国大総長に)、次男・治太郎(埼玉県会議員、八基村村長などを務めた)が生まれています。

俳優・石川竜太郎が演じる

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

 

 
 

 

 
 
 

 

 

 
 

 

石川竜太郎(@ryutaro_ishikawa)がシェアした投稿

 

「青天を衝け」で須永才三郎 / 渋沢市郎役を演じているのは、茨城県出身の31歳の俳優・石川竜太郎(いしかわ・りゅうたろう)です。フリップアップという事務所に所属しています。

日本体育大学体育学部社会体育学部を卒業し、中学校、高等学校教諭の一種免許状(保健体育)を持つという石川竜太郎。

これまでドラマ「実況される男」(2016年・フジテレビ系)、「カンナさーん!」(2017年・TBS系)、「刑事ゆがみ」(2017年・フジテレビ系)、「凪のお暇」(2019年・TBS系)などに出演した経験を持ちます。

関連記事
「青天を衝け」渋沢栄一、渋沢家一族の家系図・相関図、兄弟・従兄弟関係、子孫まとめ

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる