【エール・子役】音の妹・関内梅 演じる新津ちせは新海誠監督の娘【パプリカ】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する関内三姉妹の末っ子・関内梅の幼少期を演じる子役・新津ちせ(にいつ・ちせ)についてまとめます。

※大人になった関内梅を演じるのは、女優の森七菜(もり・なな)です。
【エール】関内梅役を演じる森七菜 大ブレイク間近の新進女優

関内家の末っ子・梅

▼エール「福島編」「東京編」の登場人物や撮影裏話、第14週までのあらすじなど、まるごと一冊「エール」を網羅したガイドブック。

「エール」第2週では、愛知・豊橋で暮らす関内家の様子が描かれます。

関内梅は、関内家三姉妹の末っ子で、丸メガネがトレードマーク。ワイワイとうるさい姉二人をよそに冷静で、三姉妹の中で一番大人びています。

梅は、本を読むことが大好きな文学少女。やがて小説家になりたいという夢を持つことになります。

※大人になった関内梅を演じるのは、女優の森七菜(もり・なな)です。
【エール】関内梅役を演じる森七菜 大ブレイク間近の新進女優

子役・新津ちせ 新海誠監督の娘

▼新津ちせの初主演映画「駅までの道をおしえて」の予告編。親の名前が前に出がちな新津ちせですが、その演技は驚きのレベルにあります。きちんと演出の意図をくみ取った演技プランに驚きの声が。

 

関内梅の幼少時代を演じるのは、東京都出身の9歳(2010年生まれ)の子役・新津ちせ(にいつ・ちせ)です。

父は「君の名は」「天気の子」などで世界的な評価を得ているアニメ監督・新海誠で、母は女優の三坂知絵子。こうした環境もあり、生後まもなくに映画に出演すると、2歳からは「劇団ひまわり」に所属するなど、早くから子役としての活動を始めています。

2014年にはミュージカル「ミス・サイゴン」のタム役で舞台デビュー。2016年の映画「バースデーカード」では、橋本愛演じる主人公・鈴木紀子の幼少期役で出演。可愛らしい演技で注目を集め始めます。

2017年の実写映画「3月のライオン」では、オーディションにより(父の名前を伏せて)ヒロイン三姉妹のうちの一人・川本モモ役に抜擢。見事な演技を見せています。また、同年のNHKドラマ10「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」では、主人公に重要な出会いをもたらす少女・守景陽菜役で出演しています。

2019年には映画「駅までの道をおしえて」で初主演。こちらも厳しいオーディションを勝ち抜いた上での大役抜擢でした。

▼新津ちせの父・新海誠監督のアニメ作品「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」「雲のむこう、約束の場所」「星を追う子ども」が、Hulu(2週間無料トライアル有)で見放題配信中(2020年4月現在)。外出もままならない現在、オール見放題のHuluでエンタメ三昧がオススメ!

Foorin「パプリカ」で史上最年少レコード大賞

▼白い衣装を着た一番小さい女の子が新津ちせ。もうすぐ2億回再生に届きそうな大ヒット動画「パプリカ」。

新津ちせにとって新しい挑戦となったのが、NHKが東京五輪を見据えて立ち上げた「NHK2020応援ソング プロジェクト」における小学生音楽ユニット「Foorin(フーリン)」への参加でした。

「Foorin」は、売れっ子子役の住田萌乃、吉田日向らも参加する5人組音楽ユニットで、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを担当。米津作品である「Foorin」の楽曲「パプリカ」は、2018年以降NHK「みんなのうた」などで繰り返し放送されていたため、ご存じの方も多いと思います。

新津ちせはオーディションを経て「Foorin」に参加すると、ダンスとコーラスを担当。歌、タップダンス、クラシック・バレエ、日本舞踊など、芸術家肌の両親のもとで培われた特技を武器に「Foorin」の中で存在感を見せ、同ユニットの「第61回日本レコード大賞(2019年)」受賞に大きく貢献しています。

なお、受賞時の新津ちせは9歳であり、これは日本レコード大賞受賞者としては史上最年少での受賞となりました。

わずか9歳にして輝かしすぎる経歴を持つ新津ちせ。「親の七光り」では…?という声も当然上がってくることと思いますが、その演技力、表現力は確かなものがあり、「エール」での演技も話題になっていきそうです。

関連記事
朝ドラ「エール」出演の子役まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑