朝ドラ「なつぞら」(2019年春)あらすじ・ストーリー、ドラマ概要まとめ

スポンサードリンク

2019年前期(4月〜)に放送されるNHK連続テレビ小説・第100作目の作品「なつぞら」(NHK東京制作)のドラマ概要、あらすじをまとめます。

「なつぞら」は広瀬すずがヒロイン役に決定。北海道・十勝で育ったのちに上京し、創世記のアニメーション業界へと飛び込む女性・奥原なつを主人公にした物語です。

ドラマ概要

まず初めに。ドラマ「なつぞら」の概要を簡単にまとめます。

放送予定:2019年4月から9月まで。全156回を予定。

主な出演者:
広瀬すず(ヒロイン)、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、吉沢亮、戸次重幸、小林綾子ほか

脚本:大森寿美男(「てるてる家族」「風林火山」「精霊の守り人」など)

物語の舞台(ロケ地):北海道・十勝地方と東京

物語のモデル人物:なし。オリジナルストーリー

物語の時代:昭和時代(ヒロインは昭和12年生まれ。戦後のヒロインの活躍が描かれる)

あらすじ、ストーリー

戦争で両親を失い十勝へやって来るヒロイン

戦争で両親を亡くしたヒロイン・奥原なつ(9歳)は、父の戦友である柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、北海道・十勝地方に移り住むことになります。剛男は明治期に北陸から北海道・十勝へと入植した柴田家の婿養子で、なつの父と「戦争で何かがあった場合はお互いの家族の面倒を見る」という約束を交わしていたのです。

東京生まれのなつは、傷心を抱えつつも、子供ながらに十勝の地で強く生きることを決意します。なつは酪農を営む柴田家の手伝いを懸命に行い、頑固者である剛男の義父・柴田泰樹(草刈正雄)の心を動かしていきます。泰樹はなつの姿に応えるように、人生を強く生き抜くための術を徹底的になつに叩き込むことになります。

天陽から絵の楽しさを教えられるなつ

柴田家で明るさを取り戻したなつは、強くまっすぐに育っていきます。青春期のなつの周囲には柴田家の長男長女である照男(清原翔)夕見子(福地桃子)や、和菓子屋の息子・小畑雪次郎(山田裕貴)、家は貧しいが美術の才能あふれる山田天陽(吉沢亮)など同年代の友人たちが存在し、良き関係を築いていきます。

特に、貧しい農家の息子で絵が得意な天陽から、なつは大きな影響を受けることになります。なつは天陽から「絵が動く」アニメーションという世界の魅力を教えられると、やがて絵を描く仕事に興味を持ち始めます。

生き別れの兄妹 なつの上京

なつには戦後に生き別れになった兄と妹がいました。兄・咲太郎(岡田将生)は両親を亡くしてしばらくは、なつと妹の千遥(ちはる)の親代わりとなって家族を支えていましたが、やがてなつを柴田家に、千遥を親戚の家に預けると孤児院に入所。その後、家出をして行方不明になったままでした。

高校生になったなつは、生き別れた兄が東京で働いているらしいことを知ります。やがて高校を卒業したなつは、親友で菓子職人を目指す雪次郎とともに上京。まだまだ黎明期だったアニメーション業界へと飛び込むことになり…。

2018年春・秋、2019年春のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼関連記事

記事はありませんでした

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑