【べっぴんさん】すみれの年齢、年表、放送週まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ「べっぴんさん」のヒロイン・すみれ(芳根京子)の年表・年齢と、それぞれの時代が描かれた放送週などをまとめます。

年表は放送にあわせて随時更新していく予定です。年齢は昭和9年=9歳から単純計算した数字で、おおよその目安とお考え下さい。

すみれは大正14年前後の生まれ

「べっぴんさん」第1回放送によれば、昭和9年(1934年)の時点ですみれは9歳でした。ここから逆算すると、すみれは大正14年(1925年)前後の生まれということになります。

なお、すみれのモデル人物の坂野惇子は大正7年(1918年)の生まれであり、坂野惇子と坂東すみれの生年にズレが生じています。

すみれの年表、年齢、放送週

大正14年?(1925年?)=すみれ0歳

・すみれが生まれる

昭和9年(1934年)=すみれ9歳 ▶第1週放送

・はなが亡くなる

昭和17年(1942年)=すみれ17歳 ▶第1〜2週放送

・すみれ、女学校の5年生に
・使用人の大量解雇
・潔に召集令状が届く
・ゆりが結婚
・良子が結婚

昭和18年(1943年)=すみれ18歳 ▶第2週放送

・すみれ、お見合いを経て紀夫と結婚

昭和19年(1944年)=すみれ19歳 ▶第2週放送

・紀夫に召集令状が届く、出征
・すみれ、さくらを出産

昭和20年(1945年)=すみれ20歳 ▶第2〜3週放送

・近江坂東家(本家)に疎開
・終戦

昭和21年(1946年)=すみれ21歳 ▶第3週放送〜

・すみれ、神戸に戻る
・潔とゆり、大阪の闇市で暮らし始める
・明美、良子、君枝と再会
・「ベビーショップあさや」開店

昭和23年(1948年)=すみれ23歳 ▶第9週放送〜

・足立武が雑用係として入社
・大急百貨店との取引始まる
・時子らが製造部門を手伝うように

昭和34年(1959年)=すみれ34歳 ▶第15週放送

・キアリス10周年
・武、部長に
・皇太子ご夫妻のお子様からご用命

昭和35年(1960年)=すみれ35歳 ▶第15週放送〜

・さくら、栄心女学院合格 高校生に
・キアリス、新入社員(西城、中西)採用

昭和37年〜38年(1962〜63年)=すみれ37歳▶第20週放送

・さくらと健太郎が大学受験、合格
・忠さんと喜代さん、龍一が旅に出る

昭和44年(1969年)=すみれ44歳 ▶第1週放送、第21週放送〜

・キアリス創立二十周年記念パーティ
・さくらと健太郎がキアリスの採用試験を受ける

昭和49年?(1974年)頃=すみれ49歳 ▶第25週放送

・すみれたち創業者、キアリスを引退
・足立武が社長に就任

昭和59年(1984年)=すみれ59歳 ▶最終週

・明美(60歳)と栄輔が結婚
・キアリス三十五周年記念パーティ
・健太郎がキアリス社長に就任

関連記事
【べっぴんさん】最終回は昭和何年まで?すみれ、明美らの年齢は?
【べっぴんさん】昭和44年 主要登場人物の年齢、役職まとめ
【べっぴんさん】主要登場人物年齢、年齢差まとめ(昭和34年時点)
【べっぴんさん】坂野惇子の年齢・年表まとめ すみれとは生年が8年違う
【べっぴんさん】ヒロインモデル・坂野惇子の生年没年 近作朝ドラとの時代比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑