「ブギウギ」第2回 二人の赤ちゃん(双子)の意味とは 12年前の回想シーン

※本ページのリンクには広告が含まれています。

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」10月3日(火)放送の第2回より。

この日の放送では、12年前の回想シーンとして母のツヤが縁側で二人の赤ちゃん(双子?)をあやしている姿が描かれています。ツヤの背後にはげっそりとした表情の女性が座っており、ちょっと意味が分かりづらいシーンでしたね。

この記事では、文章の前半で回想シーンの状況の整理をし、後半ではあらすじなどを参考にこのシーンが持つ意味を読み解きます。

スポンサーリンク

目次

「れんげ摘もか」が大好きだった鈴子

第2回放送では、親友のタイ子(清水胡桃)に余計な恋のお節介をしてしまった鈴子(澤井梨丘)が、番台に座る母・ツヤ(水川あさみ)に相談をするシーンが描かれています。

一通りタイ子との一件をツヤに相談し終わった鈴子は「ワテ、嫌なこと何もないわ。お母ちゃんのおかげやな!」と無邪気にツヤに語りかけますが、その瞬間ツヤの表情が曇り、言葉を失っています。何か鈴子に隠し事があるのでしょうか。

その後「ワテ、タイ子ちゃんのこと傷付けたんかな…」と改めて神妙な顔をする鈴子を見たツヤは、童歌「れんげ摘もか」を歌いながら鈴子の頭を撫でています。小さい頃の鈴子は、この「れんげ摘もか」を聞くとえらいご機嫌になったのだとか。

\NHK番組の見逃しはお得なU-NEXTで!/

12年前の回想シーン 縁側で双子をあやすツヤ

12年前の回想シーンは、これら母娘のやり取りの後に挿入されました。

どこかの古い民家の縁側で、「れんげ摘もか」を歌いながら赤ちゃんをあやす若き日のツヤ。赤ちゃんのおくるみのデザインから、ツヤが抱いている赤ちゃんは女の子であることがわかります。恐らく12年前の鈴子でしょう。

そしてツヤの傍らには、男の子用のおくるみに包まれたもう一人の赤ちゃん(男の子)が寝ています。

第1回放送において、鈴子には武一(たけいち)という3歳で亡くなってしまった双子の兄が居たことが語られていますので、この男の赤ちゃんは鈴子の双子の兄・武一の生前の姿であると考えられます。

鈴子は香川生まれの大阪育ちですから、帰省先の香川の家でツヤが双子をあやしていたと考えれば、それほど違和感がない回想シーンかと思います。

しかし、ツヤの背後に茫然自失の表情で座る女性(中越典子)が居たことで、このシーンが一気に意味不明なものになっています。

事前発表によれば、中越典子が演じるのは香川の地主である治郎丸家の元女中・西野キヌ。治郎丸家は手袋工場を営むツヤの実家・大西家の長年の得意先であり、ツヤとキヌは古い友人だそうです。

ツヤとキヌ、そして鈴子と武一。同じ空間に居た4人の間に、何らかの特別な事情がありそうですね。

【追記】第4回でも12年前の回想シーンが登場。香川での里帰り出産を終えたツヤが「双子の赤ちゃん」を連れて大阪に戻り、梅吉を驚かせる様子が描かれています。この時の夫婦の会話はこんな感じ。

梅吉「双子やったんかいな!」
ツヤ「ちゃうわ」
梅吉「なんで?まあええわ、一人も二人も一緒や。お、こっちは女の子か。あー、ツヤちゃん似や♡」

ツヤは「双子ではない」と断言していますね。

以下、あらすじを参考にざっとこのシーンの意味を推察します。なるべくネタバレにならないようにあくまで軽く書きますが、詳細(ネタバレ)を知りたい方は西野キヌに関する詳細な記事をお読みください。

治郎丸家に毛嫌いされる?元女中のキヌ

中越典子演じる西野キヌの正体を知りたい!という方は以下の記事にお進みください。ネタバレが書いてありますので、回想シーンの意味もおおよそわかるかと思います。キーワードは「もらい乳」です。

以下、ネタバレにならない程度にちょっと先読みしたいという方向けの文章です。

西野キヌは、過去のある出来事により住み込んでいた香川の地主・治郎丸家から煙たがられ、肩身が狭い思いを経験したようです。12年前の回想シーンのげっそりとしたキヌの表情は、治郎丸家でのさまざまな出来事の末に心を病んでしまったのが原因でしょう。

キヌが治郎丸家で経験した出来事として考えられるのは、同居する治郎丸家の若旦那にお手付きにされた、あるいは治郎丸家からいわれのない悪意を向けられて追放された、といったところでしょうか。

もしキヌが治郎丸家の血を引く子を宿した末に追放されたとなれば、何よりも義理と人情を大切にするツヤが、シングルマザーになってしまったキヌに手を差し伸べても不思議ではありません。

赤ちゃんを育てられなくなったキヌにかわり、ツヤが母代わりとなって赤ちゃん(鈴子)を引き取った…?「れんげ摘もか」はもともとキヌが赤ちゃんに歌って聞かせていたものだった…?あの12年前の回想シーンは色々な推測が出来そうです。

いずれにしても、ツヤは鈴子に語っていない過去を抱えていそうです。

第4週では鈴子が生まれ故郷を訪ねる「香川編」が描かれますので、このあたりで「12年前の回想シーン」の伏線回収が行われると予想します。

朝ドラ・最新回と過去回の見逃しは、お得な U-NEXT 無料トライアル利用がオススメ。U-NEXTのトライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。
※本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる