「青天を衝け」尾高長七郎(渋沢栄一の従兄) 俳優・満島真之介が演じる

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に登場する尾高長七郎(おだか・ちょうしちろう)の人物設定、たどる運命などをまとめます。

尾高長七郎を演じるのは、俳優の満島真之介(みつしま・しんのすけ)です。

栄一憧れの従兄 神道無念流の剣豪

尾高長七郎は主人公・渋沢栄一の2歳上の従兄で、栄一の師である尾高惇忠の弟、千代の兄にあたります。

幼少期から神道無念流の剣術を身に着けた長七郎。持ち前の身体能力やセンスもあり、やがて剣豪として知られるようになると、栄一にとっても憧れの人物になっていきます。

また、長七郎は兄・惇忠の影響を受けて水戸学、攘夷思想に傾倒していきます。やがて長七郎は、家を守らなければならない惇忠に代わり江戸へ遊学へ向かうなど、早くから中央の政情を肌身で感じることになります。

▷長七郎を演じる満島真之介は、沖縄県出身の31歳の俳優。姉は女優の満島ひかり。NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の医学生・山倉真一役で出演したほか、ドラマ「ボク、運命の人です。」「ダークスーツ」「夏目漱石の妻」「BG〜身辺警護人〜」「白い巨塔 (2019年版)」などに出演。NHK大河ドラマへの出演は2019年の「いだてん」で天狗倶楽部のメンバー・吉岡信敬役で出演して以来。

惇忠、栄一らの攘夷計画を阻止

長七郎が江戸から信州、京などを渡り歩いていた頃、血洗島村では惇忠、栄一らが中心となり討幕計画が練られていました。

高崎城の乗っ取り、横浜の外国人居留地の焼き討ちなどの計画は大詰めとなっていましたが、攘夷思想の劣勢をいち早く感じ取っていた長七郎は決行直前に帰郷すると、決死の覚悟でこれを阻止することになります。

人を殺めてしまい牢へ

栄一の人生の分岐点ともなる大きな決断を促した長七郎。

しかし、後に江戸に向かう道中で誤って通行人を斬ってしまった長七郎は、捕縛されるとそのまま江戸の牢に入れられてしまいます。長七郎は後に何とか出牢し静養をしていたものの、錯乱の発作により31歳の若さで亡くなったそうです。

美男美女が揃い、それぞれが豊かな才能を持っている尾高家の兄弟たち。惇忠、千代、平九郎ら兄弟がそれぞれの人生を歩んでいく中で、中間子の長七郎は波乱の道を歩んでいきそうです。

「青天を衝け」見逃し・NHKオンデマンド見放題パックはU-NEXT無料トライアル利用がお得!



日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

こちらのU-NEXTのページ から31日間無料トライアルに申し込むと、特典として無償でもらえるU-NEXTポイント(1,000円分)を利用して、NHKオンデマンド・見放題パック(990円相当)を最大一ヶ月間、お試し体験できます。もちろんトライアル期間中の解約も簡単に出来ますので、お気軽にお試しください。

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼利用方法、解約方法など注意点はこちらの記事にまとめております。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑