【エール】歌手・川野三津代(福島行進曲) 姉妹デュオ「山田姉妹」山田麗が演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」5月28日(木)に登場する歌手・川野三津代についてまとめます。

川野三津代を演じるのは、二卵性双生児の姉とデュオ「山田姉妹」を組む女優、ソプラノ歌手・山田麗(やまだ・れい)です。

「福島行進曲」を歌う 歌手・川野三津代

「エール」5月28日の放送では、村野鉄男(中村蒼)が失恋の末に「福島行進曲」の詞を書き上げ、盟友・古山裕一(窪田正孝)が曲をつける様子が描かれます。

「福島行進曲」は見事採用され、廿日市が連れてきた歌手・川野三津代の歌によってレコード化されます。裕一はついに、「福島行進曲」によってプロの作曲家としてデビューすることになるのです。

【エール】「福島行進曲」 古関裕而・野村俊夫のデビュー作品 歌詞は福島の「ご当地ソング」

モデルは「福島行進曲」を歌った天野喜久代

「福島行進曲」は、昭和6年に発売されています。作曲は古関裕而、作詞は古関の幼なじみの野村俊夫。歌は「アラビヤの唄」「私の青空」「赤い翼」などをヒットさせた昭和初期の歌手・天野喜久代が歌っています。「川野三津代」と「天野喜久代」は名前も近いですね。

天野喜久代は、二村定一や佐藤千夜子らとともに日本のポピュラー音楽黎明期を開拓した人物。帝劇洋劇部、浅草オペラなどで活躍した後に流行歌手として「アラビヤの唄」(二村定一とのデュエット)などを大ヒットさせています。残念ながら天野喜久代は東京大空襲で焼死したとも、精神病にかかり窮死したともされ、昭和20年(1945年)に47歳の若さで亡くなっています。

▼「古関裕而初期作品集」に収録されている「福島行進曲(歌・天野喜久代)」の貴重な音源。アルバムはほかに「福島夜曲」「船頭可愛や」「紺碧の空」「大阪タイガースの歌」なども収録。リンク先・Amazon「古関裕而初期作品集」商品ページ内でアルバム全曲視聴(約30秒)ができます

▼「古関裕而初期作品集」はAmazon music unlimitedの対象作品。山田姉妹の作品も聞けます。

「山田姉妹」妹・山田麗

歌手・川野三津代を演じるのは、神奈川県出身の28歳の女優、モデル、ソプラノ歌手・山田麗です。二卵性双生児の姉・山田華とともにソプラノデュオ「山田姉妹」として活動していることで知られます。

クラリネット奏者の母の影響もあり、幼少期から歌とピアノのレッスンを受けていた華・麗姉妹。小学2年生の時に「2人で歌手になろう」と決心をすると、姉は東京芸大声楽科、妹は国立音楽大学に進学。2017年、昭和の名曲を集めたアルバム「あなた〜よみがえる青春のメロディー」(日本コロンビア)でメジャーデビューを果たしています。

また、大変な美人姉妹としても有名。姉・華は2011年のミス鎌倉であり、妹・麗も高校時代から女優として活躍。ドラマ「3年B組金八先生」、映画「櫻の園」などに出演経験があります(※麗は「金八先生」で共演した女優・高畑充希、忽那汐里といまだに交流が続く)。

「山田姉妹」は、古き良き歌謡曲や日本の愛唱歌などのスタンダード曲が得意。二卵性ということもあり姉妹の声質は少し違い、妹の麗は芯の太い声で下のパートを歌います。

▼「木綿のハンカチーフ」「なごり雪」「ひこうき雲」「見上げてごらん夜の星を」など、名曲が歌われる「あなた〜よみがえる青春のメロディー 」。Amazon primeAmazon music unlimitedで音源を自由に聞くことが出来ます。

▼ こちらは「朧月夜」「赤とんぼ」「故郷」「ペチカ」など、定番の愛唱歌が歌われる「故郷 日本の愛唱歌1」。Amazon primeAmazon music unlimitedで音源を自由に聞くことが出来ます。

▼「春に」を歌う山田姉妹。姉・華の柔らかく優しい声と、低い声で歌う妹・麗のハーモニーが抜群。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑