【エール】「福島行進曲」 古関裕而・野村俊夫のデビュー作品 歌詞は福島の「ご当地ソング」

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」第9週に登場する、古山裕一にとってデビュー作となる「福島行進曲」についてまとめます。

「福島行進曲」は、古関裕而がデビュー作として作曲した実在のものです。Amazon上に音源が存在しますので、ご紹介します。

鉄男の失恋がキッカケ「福島行進曲」

第9週では、裕一の幼なじみで福島の新聞社に勤める村野鉄男(中村蒼)の恋物語が描かれます。鉄男が想う相手は、不本意に別れてしまった昔の恋人・希穂子(入山法子)。

鉄男は上手くいかない恋心を昇華させ、福島の地方小唄・恋の唄である「福島行進曲」の詞を書き上げます。鉄男の詞に感銘を受けた裕一がすぐに曲を書き上げると、これを気に入った「コロンブスレコード」の廿日市誉(古田新太)がレコード化を承認。

上京後くすぶっていた裕一ですが、「福島行進曲」でようやくプロの作曲家としてデビューすることになります。

【エール】歌手・川野三津代(福島行進曲) 姉妹デュオ「山田姉妹」山田麗が演じる

古関裕而、村野鉄男のデビュー作「福島行進曲」

▼「古関裕而初期作品集」に収録されている「福島行進曲(歌・天野喜久代)」の貴重な音源。アルバムはほかに「福島夜曲」「船頭可愛や」「紺碧の空」「大阪タイガースの歌」なども収録。リンク先・Amazon「古関裕而初期作品集」商品ページ内でアルバム全曲視聴(約30秒)ができます

▼「古関裕而初期作品集」はAmazon music unlimitedの対象作品。

「福島行進曲」は、1931年(昭和6年)に「日本コロンビア」から発表された地方小唄・新民謡。作曲家・古関裕而、作詞家・野村俊夫が初めてタッグを組んだ作品であり、二人にとってはデビュー作といえます。

1930年(昭和5年)秋に上京し「日本コロンビア」の専属作曲家となった古関裕而でしたが、なかなか会社から連絡が来ず、悶々とした日々を過ごしています(この低迷期に早稲田大学応援歌「紺碧の空」を作曲)。

翌年春になると、ようやく「日本コロンビア」から流行歌2曲の作曲依頼が届きます。クラシック作曲家を志していた古関裕而は躊躇しますが、契約金の蓄えも尽きかけていたこともあり、これを承諾。自作曲「福島行進曲」(A面)と「福島夜曲(せれなあで)」(B面)を提出しています。

作詞は野村俊夫 歌詞は福島の「ご当地ソング」

「福島行進曲」の歌詞は、福島民友新聞社を退社・上京していた古関裕而の幼なじみ・野村俊夫が書いています。

野村俊夫は没後70年を経過していませんので、著作権の問題上具体的な歌詞は掲載できませんが、「福ビル」「紅葉山」「柳並木(福島駅前)」「いとし福島」「恋の街」といった郷里・福島の情景が散りばめられた「ご当地ソング」となっています。また、「引き眉毛」というモダンな言葉も登場しており、当時の福島のモダンな雰囲気を伝えています。

「福島行進曲」を歌ったのは、帝劇出身のオペラ歌手・天野喜久代でした。天野喜久代は、1928年(昭和3年)に二村定一とのデュエットにより「アラビヤの唄」「私の青空」を大ヒットさせた経歴を持っていました。※カップリング曲「福島夜曲(せれなあで)」は阿部秀子が歌っています。

残念ながら「福島行進曲」「福島夜曲(せれなあで)」はそれほどヒットしなかったそうですが、クラシック作曲家を目指していた古関裕而は、変にこの曲で売れてしまわないで良かったという思いもあったようです。

朝ドラの見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

こちらのU-NEXTのページ から31日間無料トライアルに申し込むと、特典として無償でもらえるU-NEXTポイント(1,000円分)を利用して、NHKオンデマンド・見放題パック(990円相当)を最大一ヶ月間、お試し体験できます

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼利用方法、解約方法など注意点はこちらの記事にまとめております。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

関連記事
【エール】村野鉄男が「トランプくん」と呼ばれる理由
朝ドラ「エール」に登場する音楽・楽曲、歌まとめ(古関裕而、古賀政男、クラシック曲ほか)
朝ドラ「エール」モデル・古関裕而の代表曲まとめ
【エール】乃木大将・村野鉄男(中村蒼) モデルは作詞家・野村俊夫 代表曲は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑