「ブギウギ」スズ子主演の舞台「ジャズカルメン」(恋は野の鳥) 笠置シヅ子はこの作品で引退、結婚を決意していた

※本ページのリンクには広告が含まれています。

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」第18週では、妊娠中のスズ子がジャズミュージカルの舞台「ジャズカルメン」に出演する様子が描かれます。

この「ジャズカルメン」は笠置シヅ子主演により実際に公演された舞台です。当時恋人の吉本穎右との結婚を決意していた笠置シヅ子は、この舞台をもって引退するつもりだったとか。その詳細などをまとめます。

スポンサーリンク

目次

【ブギウギ】羽鳥善一が発案 スズ子主演の舞台「ジャズカルメン」

日本コロムビア
¥2,750 (2024/02/12 17:45時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

恋人の村山愛助(水上恒司)との結婚の条件として、歌手を辞めて愛助を支えることをトミ(小雪)から求められた福来スズ子(趣里)

愛助と一緒になるために「ワテ、歌手やめよかなあ…」と心が動き始めるスズ子でしたが、そんなスズ子の気の迷いを必死に押し留めようと説得してくれたのが、師匠の羽鳥善一(草彅剛)愛助でした。

羽鳥はスズ子の家を訪ねると、オペラの名作「カルメン」を題材としたジャズミュージカル「ジャズカルメン」の主演をスズ子に打診します。

喜劇王・タナケン(生瀬勝久)とスズ子の喜劇「舞台よ!踊れ!」を見た羽鳥は、どうしてもスズ子主演でこの「ジャズカルメン」をやりたくなったのだそう。それを聞いた愛助も「羽鳥先生とまったく同意見や!スズ子さんのカルメン、世界で一番に見たいと思ってる」と激しく賛同。二人の熱意が心に響いたスズ子は歌手を続ける決意をしています(第17週)。

第18週では、愛助の子を身ごもったスズ子が身重の状態で「ジャズカルメン」の稽古に臨み、見事に公演を成功させていく様子が描かれていきます。

スズ子はオペラ「カルメン」で歌われるアリア(独唱曲)「ハバネラ(恋は野の鳥)」を劇中で歌い上げ、舞台は大好評に。しかし、スズ子が誰よりも舞台を見てほしかった愛助は、病気の治療をするために大阪に戻ったまま。なかなか東京に戻って来られない愛助の病状が心配になったスズ子は…。

▼「ジャズカルメン」でスズ子が歌ったのは、オペラ「カルメン」で歌われるアリア「ハバネラ(恋は野の鳥)」。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる