「カムカムエヴリバディ」文四郎の結婚相手・デイジーとは 演じたのは誰?

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」3月30日(水)放送の第105回では、五十嵐文四郎がひなたに対しまさかの結婚報告。ひなたと寄りを戻すことを期待していた視聴者に衝撃を与えています。

この記事では、文四郎の結婚相手となったデイジーとは何者なのかをまとめます。

スポンサーリンク

目次

まさかのプロポーズ宣言

10年近い空白の時を経て文四郎(本郷奏多)と再会し、「運命」に胸が踊っていたひなた(川栄李奈)。しかし、そんなひなたの恋心は無残にも霧消してしまいます。

夜、文四郎からおしゃれなバーに呼び出され、かすかな期待とともに来店したひなたでしたが、文四郎から「オレ結婚するよ」「デイジーと」とまさかの宣言を伝えられてしまうのです。

コスチューム担当のデイジー デイジーは「ヒナギク」


デイジーとは、ハリウッドチームで文四郎とともに仕事をしている「サムライベースボールのコスチューム担当」の外国人女性。

直前のシーンでは、衣裳用の足袋がきつすぎるとおどける巨漢のニコラス・ミラー監督(リー・スターク)を見た文四郎が、コスチューム担当のデイジーに「デイジー、もっと大きい足袋作れる?アメリカで」と相談する場面が登場しています。

文四郎はアメリカではまだまだ駆け出しの身であり、仕事で知り合って交際に発展したデイジーとの結婚に踏み切れずにいたようです。元カノ・ひなたと再会して色々と昔話をしたことで、文四郎はデイジーに堂々とプロポーズをする決心がついたようです。

※第101回放送でハリウッドチームが初めて映画村を視察した際にも、視察団の中にデイジーの姿が確認できます。「デイジー」は日本語で「ヒナギク(daisy)」の意味も持つため、「ひな」繋がりであることがネットで話題になっています。

アンジェラ・ニーハウスさんが演じた?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる