「どうする家康」瀬名の母・巴(ともえ)今川の高貴な女性 真矢ミキが演じる

NHK大河ドラマ「どうする家康」に登場する今川の女性・巴(ともえ)の人物像、生涯をまとめます。

巴を演じているのは、宝塚歌劇団出身の俳優・真矢ミキです。

スポンサーリンク

目次

娘の瀬名を見守る巴 「今川義元の妹」がモデル

主人公の徳川家康(松本潤)にとって最初の妻(正室)となる今川一族の女性・瀬名=築山殿(有村架純)。その母・巴(真矢ミキ)が、ドラマ序盤で鮮烈な印象を残しそうです。

巴は、「海道一の弓取り」と称された大大名・今川義元の妹(または養妹)にあたる人物がモデルと考えられます。一般的には「関口夫人」「今川義元の妹」などと呼ばれる人物ですね。2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」では「佐名」の名で登場し、花總まりが演じています。

※諸説ありますが、この「今川義元の妹」はもともと義元お気に入りの妾であり、義元は彼女を自分の養妹とした後に家臣の関口氏純に嫁がせたとする説もあります。ドラマでの巴は「今川本家に通じる高貴な家柄」という、少しぼかした出自になっているようです。

巴の夫・関口氏純(渡部篤郎)は、今川一門の瀬名氏の生まれ。今川関口家の養子となり家督を継ぐと、今川家の筆頭家老として今川義元(野村萬斎)・氏真(溝端淳平)親子を支えていきます。

関口家は今川一門の名家であり、その姫である瀬名と結婚した三河からの人質・家康(次郎三郎→松平元康→徳川家康)も、今川の一門格として扱われるようになっていきます。

楽天ブックス
¥1,320 (2023/06/03 17:44時点 | 楽天市場調べ)

娘のために大きな決意を見せる巴

当初は格下の立場である家康と瀬名との結婚に反対した巴ですが、やがてこれを認め、良き理解者になっていきます。

桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にし、これに乗じて家康が本拠の岡崎に戻って独立すると、二人の幼子を抱えて夫と離れ離れになってしまった瀬名を、母である巴が支えていきます。

やがて家康が落ち目の今川に見切りを付けて織田信長と同盟を結ぶと、駿府(今川の本拠)に残されていた瀬名は「裏切り者の妻」という立場に転落。家康の裏切りに憤慨した今川氏真は、瀬名だけでなく両親の関口氏純と巴に対しても罪人扱いをしていきます。

なんとか妻子を取り戻したい家康は、服部党の忍びを駿府に送り瀬名たちを奪還しようとしたり、今川勢の鵜殿氏を生け捕りにして人質交換(鵜殿⇔瀬名親子)を要求するなどの試みを見せますが、こうしたやり方に今川氏真がますます激怒。ついに瀬名とその子供たち、氏純、巴らの死罪が濃厚になっていきます。

そんな絶体絶命の状況で巴が見せた行動とは…。

朝ドラ・最新回と過去回の見逃しは、お得な U-NEXT 無料トライアル利用がオススメ。U-NEXTのトライアル申し込み特典(=1000円分のポイント)を投入すれば、NHKオンデマンド・見放題コース(月額990円。約ど10000本のNHK番組が見放題)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 

史実では…

史実では、築山殿(瀬名)の両親である関口氏純とその妻は、永禄5年(1562年)に駿府・屋形町の屋敷にて切腹を命じられ、夫婦そろって生涯を閉じたとされます。

これは娘婿の家康(当時の名は松平元康)が今川から勝手に独立し、宿敵である織田信長と同盟を結んだという流れの末に起こった出来事です。

関口氏純とその妻の死は、家康(松平元康)の反逆を受けた連座による切腹だったとする説とともに、関口氏純が今川氏真の怒りを鎮めるために自主的に切腹をしたという説がありそうです。「どうする家康」では、恐らく後者の「自主的な切腹」に近い形で、関口夫妻の誉れ高き死が描かれそうです。

▷巴を演じる真矢ミキは、広島市生まれ、大阪府出身の58歳の俳優。元宝塚歌劇団花組のトップスター。宝塚退団後は一時低迷期を迎えるが、俳優として見事に復活。ドラマ「風のハルカ」「ヒミツの花園」「ガリレオ」「下町ロケット」「さくらの親子丼」「越路吹雪物語(ナレーション)」など数々の名作で活躍。大河ドラマは今作が初出演となる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる