「舞いあがれ!」久留美と八神先生が婚約へ それでも悠人との関係が気になる…?

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第18週(1月30日〜)では、望月久留美が恋人の医師・八神蓮太郎と婚約したという嬉しい報告が行われます。

この記事では、十中八九このまま久留美と八神が結ばれると思いつつも、どこかで二人が上手く行かないのでは?最終的には久留美と悠人とくっつくのでは?と思ってしまう不安要素などをまとめておきます。

スポンサーリンク

目次

婚約に至る久留美と八神

望月久留美(山下美月)と八神蓮太郎(中川大輔)の恋愛遍歴は以下の通り。

八神初登場(第48回)…夜勤中に八神が感謝の言葉とともに久留美にサンドイッチを差し入れする。久留美が八神を意識しはじめる。2007年、久留美21歳前後。

交際発覚(第73回)…喫茶ノーサイドで親密そうに話す久留美と八神に遭遇する舞。久留美から八神を紹介され、舞は二人が交際を開始していたことを知る。2009年、久留美23歳前後。

婚約発表(第82回)…貴司の短歌賞受賞のお祝いの会(@うめづ)で、久留美と八神の婚約が発表される。2013年、久留美27歳前後。

※この婚約発表を受けて「うめづ」の店内は幸せな空気に満たされますが、めぐみ(永作博美)はたまたま会に居合わせた悠人(横山裕)の様子がおかしいことに気がついて…。【追記】その後、八神の両親が久留美との結婚に猛反対する展開になるとのこと。

少しだけ心配も…?久留美と八神の「格差婚」

「久留美ちゃんだけはどうか幸せになってほしい」という視聴者の声が多く聞かれるなど、幼少期から苦労を重ねている久留美。

十中八九、このまま久留美と八神は結ばれると思いつつも、どこかでこのカップルは上手く行かないのでは?という気持ちが拭えません。

以下、完全なる妄想とひねくれた裏読みではありますが、当ブログなりに久留美・八神カップルの不安要素をまとめてみます。

不安要素①格差婚

貧しい父子家庭で育ち、苦労の末に看護師の仕事に就いた久留美。一方の八神は3歳からヴァイオリンを習うなど、どう見てもエリート育ちの医師であり、恵まれた環境下でのびのびと生きてきたように見えます。

お金で苦労し続けてきた久留美にとって、医師である八神との結婚は願ってもない好条件のはず。

その一方で、本当にこの二人が生活を共にした時に価値観や人生ビジョンを共有できるのか、上流階級そのものの八神家がいつか久留美や父の佳晴(松尾諭)を傷つけてしまう日が来るのでは…?そんな心配が頭をよぎります。

【追記】やはり八神の両親が久留美との結婚に難色を示すようです。久留美の父・佳晴は八神の母親(羽野晶紀)に土下座をしてまで結婚の許しを請いますが…。

不安要素②意外に軽薄?な八神

八神が時折見せる軽薄さも少し気になるところです。

初登場時、差し入れのサンドイッチを久留美に渡した八神は、手術に立ち会った久留美の仕事ぶりに感謝しつつ「僕はいつも久留美ちゃんに支えてもろてるわあ〜」と発言しています。この発言、まだそこまで親密ではない異性の同僚に対してちょっと馴れ馴れしい気がします。院内で同僚を「ちゃん付け」で呼ぶのもちょっと気になりますね(第48回)。

また、喫茶ノーサイドでの久留美との会話にも気になる点が…(笑)。3歳からヴァイオリンを習っていたという八神に対し、久留美が「私は鍵盤ハーモニカくらいしか…」とこたえると、「ええやん!今度セッションしよう。ほな、今やってみよう アハハ」と発言。その軽いノリに久留美は軽く困惑しています(第73回)。

不安要素③久留美は仕事優先 八神も多忙

久留美は八神から告白を受けた際に、もっと仕事に打ち込みたいという理由で一度は断りを入れています。その後、友人関係のまま勉強会や食事を重ねるうちに久留美が八神の告白を受け入れて、二人の交際がスタートしています。おそらく、交際後も久留美が仕事を優先したいという気持ちは変わっていないでしょう。

一方の八神は、喫茶ノーサイドでの久留美との会話中に緊急の呼び出し電話がかかってくるなど多忙の身。この時の久留美は八神に気を遣いつつ、「頑張って」と笑顔で職場に送り出しています。

舞と柏木が多忙の末に別れてしまったように、久留美と八神も、仕事を続けていく上ですれ違いが生じていくのではないかと心配になります。八神の母が結婚後に主婦業に専念しろと要求してくる可能性も…?

不安要素④悠人と久留美の関係性?

あくまで個人的な予想でしかありませんが、当ブログでは悠人と久留美の間に何らかの関係性が発生するのではないかと当初から目星をつけています。

第43回では、喫茶ノーサイドで携帯電話をいじる久留美に対し、店主の道子(たくませいこ)が「誰?彼氏?」と興味津々に絡む場面がありました(※この時のメールの相手は舞)。その直後に偶然悠人が来店し、退店しようとしていた久留美とぶつかって教科書を落としてしまうという青春ドラマのような意味深なシーンが描かれています。

悠人はこの時、看護師になったという久留美に対し「またきっつい仕事選んでんなあ」「給料安いんちゃうん」「おれに金預けてくれたら何倍にもできんで」と投資を持ちかけ、久留美が露骨に不機嫌そうな顔を見せています。
※ちなみに、久しぶりに再会した久留美に対し悠人が「なんか雰囲気変わったな」と発言すると、髪の毛を切ったばかりの久留美は満更でもない表情で髪の毛を触っています。このシーンも意味深?

第82回放送予定の久留美と八神の婚約発表のシーンでも、うめづで食事をしていた悠人がたまたま発表の場に居合わせるという設定。吉報を受けて皆が笑顔を浮かべる中で悠人の様子が怪しくなる(投資失敗?)とのことですが、これが何を意味するのか気になるところです。エリート同士である悠人と八神が同じ高校に通っていた知り合いという可能性も…?

まとめ:八神と上手く行けば一番いいのですが…

もう十分に苦労してきた久留美ですから、裕福な八神医師と幸せになるのが一番いいことだと思われます。その一方で、貧しい家庭の育ちである久留美と裕福でハイソな八神家との間に距離感がありそうなのも事実です。

要所要所で久留美と悠人が鉢合わせになっているのも少し気になるところです。しっかり者でツッコミ体質、世話好きでもある久留美の性格を考えると、飄々としたお坊ちゃまに見える八神よりも、ツッコミどころ満載の生きざまを見せている悠人のほうが案外気が合いそうな気もします。

お金で苦労し家族がバラバラになるという体験をしている久留美と、お金がすべてとばかりに投資業に邁進する悠人は、物語上対極の立ち位置にあります。もし今後悠人が投資で大失敗して転落人生に陥った場合、その気持をわかってあげられるのは久留美のような気も…。

久留美が横柄な悠人に反発心を覚えた第43回の喫茶ノーサイドのシーンは、いまだにその伏線回収が行われていません。いずれこの二人がぶつかり合う日が来るのではないかと期待しているのですが、果たして…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる