NHK朝ドラ「ちむどんどん」(2022年春)は沖縄が舞台 ヒロインは黒島結菜 あらすじ、脚本家は?

2022年春から放送が予定されるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の概要が発表されました。

この記事では、「ちむどんどん」の概要・あらすじ、主な出演者などをまとめます。

沖縄が舞台「ちむどんどん」

2022年春から放送されるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は、沖縄県・やんばる地方が主な舞台となります。

現在放送されている「おちょやん」、2021年春から放送される「おかえりモネ」(主演:清原果耶・NHK東京製作)、2021年秋から放送される「カムカムエブリバディ」(主演:深津絵里、川栄李奈、上白石萌音・NHK大阪製作)に続く作品となります。

沖縄は1972年5月15日に本土復帰を果たし、2022年には本土復帰50周年を迎えます。これを記念した作品になるとのことです。

ヒロインは?

豊かな自然に囲まれた「やんばる地方」で生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(ひが・のぶこ)を演じるのは、「アシガール」「マッサン」「スカーレット」などに出演した女優・黒島結菜(くろしま・ゆいな)。

黒島結菜は沖縄県糸満市出身の23歳。かねてから将来の朝ドラヒロイン候補とささやかれており、本土復帰50周年を迎える沖縄の朝ドラにふさわしい人選となっています。

あらすじ・概要は?

タイトルの「ちむどんどん」は、心がドキドキワクワクするという意味の沖縄の言葉が由来となっています。

豊かな自然に囲まれた沖縄「やんばる地方」で生まれ育った、活発で食いしん坊なヒロイン・比嘉暢子(ひが・のぶこ)。

4兄妹仲良く育った暢子は、初めて食べた西洋料理に感動し、やがてシェフを目指していくことになります。

沖縄が本土に復帰した1972年。暢子は夢を叶えるため家族の想いを胸に東京へと向かいます。

暢子は多くの沖縄出身者が集う横浜・鶴見で暮らしながら、東京の一流レストランで修行を開始。多くの人との出会いや運命の恋を経て、4兄妹で励まし合いながら人生を歩んでいくことになります。

暢子はやがて、愛する沖縄料理の店を東京で出すという夢を見つけ、大きな挑戦をすることになります。

「週刊文春」の報道によれば、女優の上白石萌歌も「重要な役どころ」で出演することが決まっているとのこと。ヒロインは4人兄妹ということで、姉妹役での登場があるかもしれません。

脚本は羽原大介 語りはジョン・カビラ

「ちむどんどん」の脚本は、NHK朝ドラ「マッサン」やドラマ「昭和元禄落語心中」、映画「パッチギ!」「フラガール」などを手掛けた羽原大介(うばら・だいすけ)氏。鳥取県、東京都の出身です。

また、語り(ナレーション)は沖縄県那覇市出身のフリーキャスター、タレント・ジョン・カビラが担当します。

関連記事
今後(2021年、2022年)のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ
【マッサン】中村美紀・秀子(デコ)母娘 演じるのは堀内敬子、黒島結菜
【スカーレット】喜美子の弟子・松永三津 女優・黒島結菜はNHKお気に入り女優

スポンサーリンク


▼関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑