「ちむどんどん」陸上部キャプテン・新城正男 俳優・秋元龍太朗が演じる

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場する山原高校陸上部のキャプテン・新城正男(しんじょう・まさお)についてまとめます。

新城正男を演じているのは、NHKドラマ「きれいのくに」などに出演した俳優・秋元龍太朗(あきもと・りゅうたろう)です。

スポンサーリンク

目次

陸上部キャプテンの正男 暢子とかけっこ勝負

ヒロインの暢子(黒島結菜)や親友の前田早苗(高田夏帆)らが通うことになる山原高校(やんばるこうこう)。

この山原高校の陸上部でキャプテンを務めているのが、足の速さが自慢の高校生・新城正男です。

正男は生真面目で男らしい性格の持ち主。体育会系のさわやなか少年です。暢子は大好物のサーターアンダギーをかけて、同級生の正男とかけっこの真剣勝負を行い、親しい友人関係になっていきます。

正男役を演じる秋元龍太朗によれば、正男は「高校生らしい甘酸っぱいエピソードに絡む役どころ」とのこと。徒競走を繰り広げるうちに、正男は暢子に対し友情以上の感情を抱く可能性があります。

俳優・秋元龍太朗

新城正男を演じるのは、東京都出身の27歳の俳優・秋元龍太朗(あきもと・りゅうたろう)です。

2008年に第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト(応募総数1万5338人)でフォトジェニック賞を受賞し、13歳で芸能の道に進んだ秋元龍太朗。

2009年にファッション雑誌「ニコラ」のメンズモデルに抜擢されると、同年のNHKドラマ「チャレンジド」で中学校の生徒・江藤元気役でドラマデビュー。

舞台「スパイス刑事」「コカンセツ!」「弱虫ペダル」シリーズ、「黒子のバスケ THE ENCOUTER」「NINAGAWAマクベス」「ぽに」「ヘンリー六世」、ミュージカル「ハートの国のアリス〜The Best Revival〜」など舞台俳優としての活躍を見せるほか、ドラマ「泣かないと決めた日」「高校生レストラン」「珈琲屋の人々」などにも出演しています。

よるドラ「きれいのくに」出演 青木柚、小野花梨も朝ドラに抜擢

2021年のNHKよるドラ「きれいのくに」では、物語後半の重要な役柄となった高校生5人組の1人・中山役で出演。美容整形が当たり前となり男が全員稲垣吾郎、女が全員加藤ローサの顔になっている世界で生きる高校生役を好演しています。

この作品で同じく高校生・誠也役を演じた青木柚が「カムカムエヴリバディ」でヒロインの弟・桃太郎役に抜擢されたほか、物語の前半で「20代の恵理」役を務めた小野花梨も「カムカムエヴリバディ」でヒロインの親友・水田きぬ役を任されており、結果的に「きれいのくに」がNHK朝ドラの登竜門、次世代俳優のお試しの場のようになっています。

秋元龍太朗自身は、「まれ」(2015年6月9日)に端役で登場して以来の朝ドラ出演。今回はヒロインの青春期に関わる重要な役柄であり、大きな注目を集めそうです。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる