「カムカムエヴリバディ」ひなたの初恋の少年・ビリー(子役・幸本澄樹) 安子の息子?城田優?その正体に様々な憶測

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第14週から登場する外国人少年・ビリーについてまとめます。

ビリー役は子役の幸本澄樹(こうもと・じょうじ)が演じますが、ネット上では「安子の息子では?」「城田優の少年時代では?」などと、その正体を予想する様々な憶測が飛び交っています。

スポンサーリンク

目次

映画村で出会う外国人少年・ビリー

京都にオープンした「条映太秦映画村」で、憧れのモモケンこと桃山剣之介(尾上菊之助)が開催するサイン会に参加した大月ひなた(新津ちせ)。

必死に貯金をしてこの日を迎えたひなたは、モモケンと感動の初対面を果たし意気揚々と会場をあとにしますが、そこで外国人の美少年・ビリー(幸本澄樹)と出会うことになります。

ひなたはビリーが話す英語がさっぱりわからずにしどろもどろ。そんなひなたに代わり、一緒にサイン会に来ていた小夜子(竹野谷咲)が流暢な英語で答えます。

この日以来ひなたはボーッとすることが増え、少し様子が変です。心配した錠一郎(オダギリジョー)が話しかけると、ひなたは英語教室に通いたいと言い出して…。

▷ビリーを演じるのは、日英ハーフの9歳の子役・幸本澄樹(こうもと・じょうじ)。東京都出身。昨夏に行われたオーディションを経て抜擢され、本作が俳優デビューとなります。日本語、英語、フランス語を流暢に話すトリリンガルで、地球環境への問題意識から自発的に勉強会なども開催。環境問題を考える大切さを伝えるために本を執筆中で、その多才さから「スーパー小学生」との声も。

ひなたの「初恋の人」「運命的な出会い」ビリー 安子の息子?後の城田優?

NHKのドラマ公式ページの人物紹介によれば、ビリーは「ひなたの初恋の相手。下町で育ったひなたにとって、初めてみた王子様のような男の子。」とのこと。また、NHK番組表のあらすじではビリーとの出会いを「ある運命的な出会い」と表現しています。

現在のところ先々のストーリーは不明ですが、ビリーが英語を話す外国人の少年であることなどから、その正体に様々な憶測が飛び交い始めています。

追記:2月8日の放送では、来日したビリーに付き添う「ビリーの叔父」が登場。カナダ出身の落語家・桂三輝(かつら・さんしゃいん)が演じています。ビリーの両親ではなく叔父が登場したあたり、何か含みがありそうです。

重要追記・ネタバレ(4月7日):4月7日の第111回で、ついに語りを担当していた城田優が劇中に登場。城田優が演じたのは、2024年にひなたが担当することになったラジオ英会話番組「ひなたのサニーサイドイングリッシュ」のMC「ウイリアム・ローレンス」役「ウィリアム」の愛称の一つが「ビリー」であるため、この「ウイリアム・ローレンス」がひなたの初恋の人「ビリー」である可能性が高いです。ただし、「ウイリアム・ローレンス」は安子の息子ではなさそう…?

ネット上で囁かれる「ビリーの正体」の予想は大きく以下の2つです。※以下の予想は「ひなた編」初期当時のものです。

①「安子とロバートの孫or息子」説

1つ目は、ビリーが安子(上白石萌音)とロバート・ローズウッド(村雨辰剛)の孫または息子ではないか?という説です。

ロバートとともにアメリカに渡った(?)ひなたの祖母・安子ですが、その後の消息は不明。二人が結婚したのであれば、るいの異父弟妹が居てもおかしくありませんね。

安子がアメリカに渡った当時のるいは7歳であり、仮にるいに異父弟妹が居たとしてもるいの7歳以上年下ということになります。るいは21歳でひなたを産んでいますので、その当時のるいの異父弟妹は14歳以下。ひなたと同年代と思われるビリーの親としては若すぎますね。

むしろ、ひなたの誕生時に計算上40歳だった安子の方が、ビリーの母親である可能性がありそうです。安子もモモケンが好きでしたから(第8回、大阪で稔と見た思い出の映画)、その影響でビリーも時代劇が好きになって映画村に来ていた可能性もあるかも知れません。追記:ビリーは忍者見たさに映画村に来ていたようです。

もしビリーが安子の息子だとすれば、ひなたは叔父であるビリーに初恋をしてしまったことになりますが…(笑)。

橘家、雉真家、大月家の家系図

②「語り・城田優の少年時代」説

もうひとつ囁かれているのが、ビリーが「語り(ナレーション)」を担当している城田優の少年時代の姿なのでは?という説です。

城田優の「語り」は流暢な英語を操りますが、あくまで第三者ポジションで語っており、その素性は何も明かされていません。

安子編(岡山編)、るい編(大阪編)、ひなた編(京都編)と一貫して伏線につぐ伏線が張られている「カムカムエヴリバディ」のことですから、実は「語り」の城田優が安子の息子だった、またはひなたの将来の夫orかけがえのない友人となる人物だったという可能性も考えられそうですね。

わざわざオーディションで子役を決めていることからも、ビリーは物語上重要な役割を果たすのではないかと予想しますが、果たして…。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる