朝ドラ「舞いあがれ!」時代設定や時代背景は?舞の年齢、年表まとめ

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」の時代設定、主人公・岩倉舞(福原遥)の劇中における年齢、生年月日、主な出来事の年表などをまとめます。

物語は舞が小学三年生である平成初期からスタートし、令和現在の時代までが描かれる見込みです。劇中ではポケベルからケータイへの移行なども描かれており、平成らしい時代描写も多く見られます。

スポンサーリンク

目次

舞の生年月日は昭和61年(1986年)2月19日

「舞いあがれ!」第1週の放送は、1994年(平成6年)4月の東大阪からスタートしています。舞が付けていた名札から、この時の舞は小学三年生=8歳であることがわかっています。

【追記】第40回で、父・浩太に見せた「航空機操縦練習許可証」から、舞が昭和61年2月19日生まれであることが判明。2022年(令和4年)現在、舞は36歳前後ということになりますね。

舞の同年代の有名人としては、俳優の上戸彩、山下智久、加藤ローサ、満島ひかり、宮崎あおい、それに元モーニング娘の後藤真希、吉澤ひとみらがいますので、大体の世代イメージがつくかと思います。

※ちなみに、舞を演じている福原遥は1998年8月28日生まれの24歳(ドラマ放送時)。舞よりも13歳ほど年下ということになります。

以下、ドラマの進捗にあわせて年表を書き出していきます。随時追記・更新する予定です。※舞の年齢は新年度である4月を基準に計算しています。

舞の人生年表

舞、五島へ…1994年(平成6年)=舞8歳

発熱を繰り返していた舞は、1994年(平成6年)4月頃に祖母・祥子が暮らす長崎・五島に移り住む。春と夏を五島で過ごし、同年8月末?に東大阪に戻る。帰阪後は久留美と仲良くなり、貴司とともに古書店・デラシネに出入りするように。

舞、浪速大学に入学…2004年(平成16年)=舞18歳

航空工学を学ぶため、浪速大学に入学。人力飛行機サークル「NANIWA BIRDMAN(ナニワバードマン)」に入部。由良先輩の代役でパイロット役に挑戦。近鉄バファローズが消滅。

ナニワバードマンを休部、航空学校を受験…2005年(平成17年)=舞19歳

1月、旅客機のパイロットになるために航空学校に行くという夢を確信。「NANIWA BIRDMAN」を休部し、勉強と学費稼ぎのアルバイトに専念。久留美は特待生選考により学費免除が決定。貴司が突然五島に失踪してしまう。
7月、航空試験の一次試験。年末に合格通知が届く。

航空学校に入学…2006年(平成18年)=舞20歳

合格から1年余り待機し、12月に航空学校に入学。この時、舞20歳、水島23歳、倫子25歳、中澤25歳、吉田21歳、柏木23歳。

航空学校帯広分校へ…2007年(平成19年)=舞21歳

宮崎での座学課程を修了した舞は、4月からフライト訓練が行われる帯広分校へ。

ざっと時代背景をまとめてみる

1985年生まれの世代が経験した世相、出来事などをざっとまとめてみます。

・昭和天皇崩御、改元(1989年1月)=舞2歳
・バブル崩壊(1991年〜1993年)=舞5歳前後
・【物語スタート】(1994年4月)=舞8歳
・関西国際空港開港(1994年9月)=舞8歳
・阪神大震災(1995年1月)=舞8歳
・米同時多発テロ(2001年9月)=舞15歳
・【舞、大学へ入学】(2004年4月)=舞18歳
・大阪近鉄バファローズ消滅(2004年11月)=舞18歳
・【舞、航空学校へ入学】(2006年12月)=舞20歳
・初代iPhone発表(2007年1月)=舞20歳
・リーマンショック(2008年9月)=舞22歳
・東日本大震災(2011年3月)=舞25歳

舞が東大阪を離れ、五島の祖母・祥子(高畑淳子)のもとに身を寄せたのが、1994年(平成6年)4月のこと。同年の8月?に東大阪に戻っています。この帰阪の際、舞とめぐみは飛行機に乗っていますが、大阪・伊丹空港を利用したのではないかと思われます(関西国際空港は新学期が始まった直後の1994年9月4日に開港)。

小学三年生の時代を描いた後は大学に入学した2004年(平成16年)4月に時代が飛んでいますので、阪神大震災(1995年1月)などの出来事は描かれませんでしたね。また、第7週では「うめづ」の大将・勝(山口智充)が愛した「近鉄バファローズ」の消滅(2004年11月)を伝える新聞記事も劇中に登場しています(「バファローズよ、永遠に」という記事)。

舞が航空学校を卒業するであろう2008年頃は、ちょうどリーマンショックの時期と重なりそうです。不景気により厳しい就職事情は待っている可能性も…?

※ポケベル全盛期→ケータイの時代へ

第2週では、島のお姉さん・さくら(長濱ねる)がポケベルで彼氏からの連絡を待つという描写がありました。ポケベルは1980年代後半から普及し、1996年あたりが契約者数のピークとされます。1994年のさくらちゃんがポケベルを愛用していたというのも、まさに時代を描いたものと言えます。その後、舞が大学に進学した2004年にはすでに携帯電話が普及している様子も見られました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる