「カムカムエヴリバディ」年表、ヒロイン(安子、るい、ひなた)の年齢まとめ

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」におけるヒロイン(安子、るい、ひなた)の人生の年表、年齢をまとめます。

この記事は、ドラマの進展に合わせて随時追記していく予定です。

スポンサーリンク

目次

大正、昭和、平成、令和 100年のファミリーストーリー

「カムカムエブリバディ」は、大正14年(1925年)3月22日生まれの初代ヒロイン・安子(上白石萌音)から、戦時中の昭和19年(1944年)に生まれる2代目ヒロイン・るい(深津絵里)、そして昭和40年代に生まれる3代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)へとバトンタッチされる100年に渡るファミリーストーリーです。

以下、ドラマで描かれた主な出来事と年次、その当時のヒロインの年齢を年表形式でまとめます。安子の年齢は昭和の年数と同じなのでわかりやすいです。

ヒロインたちの年表

大正14年(1925年)…安子が生まれる【安子0歳】

日本で初めてラジオ放送が行われた1925年3月22日、初代ヒロインの安子は岡山で生誕(第1週)。

昭和8年(1933年)…橘家にラジオがやってくる【安子8歳】

尋常小学校の3年生になった安子。兄の算太が荒物屋「あかにし」からラジオを盗んでくる事件を経て、じいちゃんがラジオを買ってくれる(第1週)。

昭和14年(1939年)…稔と出会い、英語学習開始【安子14歳】

高等小学校を卒業し、家業の「たちばな」を手伝い始めた14歳の安子。来店した運命の人・稔と出会うと、稔の影響でラジオ英語講座を聞き始める。また、生涯の支えとなるルイ・アームストロングの名曲「On the sunny side of the street」にも出会う(第1週)。

昭和15年(1940年)…稔に会いに大阪「おぐら荘」へ【安子15歳】

稔と文通を繰り返し、淡い恋心を温めていた15歳の安子。年末になると安子に見合い話が持ち上がり、叶わぬ恋に思いつめた安子は一人汽車に乗り大阪へ。稔が住む大阪の「おぐら荘」を訪ねる(第2週)。

昭和16年(1941年)…戦争が本格化 英語講座が休止【安子16歳】

ドイツがソ連に宣戦布告し、7月には野球の甲子園大会の中止が決定。日本も米英と戦争状態に入り、ラジオから英語講座が消えてしまう(第2週)。

昭和17年(1942年)…算太が出征【安子17歳】

稔に大東亜銀行頭取の娘との縁談が持ち上がるが、稔は「心に決めた人がいます」と、両親に対し安子との交際を明言。6月には兄の算太に召集令状が届き、金太と仲違いをしたまま出征(第3週)。

昭和18年(1943年)…安子と稔が結婚【安子18歳】

9月に稔の出征(学徒動員)が決定。11月に千吉が稔と安子との結婚を認め、二人は夫婦に。一ヶ月の新婚生活を過ごした後に稔は出征(第3週)。

昭和19年(1944年)…長女・るいが生まれる【安子19歳・るい0歳】

稔が出征した後に安子の妊娠が判明。安子は19歳だった昭和19年9月14日に長女・るいを出産(第4週)。

昭和20年(1945年)…岡山空襲 小しず、ひさ、金太、稔が相次いで亡くなる【安子20歳・るい1歳】

6月29日に岡山空襲が発生。母・小しずと祖母・ひさが空襲で亡くなる。8月に終戦となり焼け野原で「たちばな」の復興を掲げるが、父・金太も過労のために亡くなってしまう。その後、稔の戦死を報せる通知が届くと、安子は雉真家での居場所をなくしていく(第4週〜)。

昭和21年(1946年)…カムカム英語との出会い【安子21歳・るい2歳】

大阪「おぐら荘」の物置きに住み、必死に芋飴を売り歩く21歳の安子。仕事に疲れた帰り道、路地裏でラジオ英語講座「英語会話(通称・カムカム英語)」の第1回放送に出くわす(第5週)。

昭和22年(1947年)…千吉が訪ねてくる【安子22歳・るい3歳】

倹約し、念願のラジオを購入。おはぎの大口注文も入り配達用の自転車も購入し、少しずつ商売が軌道に乗り始める安子。前年に阪急西宮球場で行われた全国中等学校優勝野球大会が一年ぶりに甲子園球場で行われるというラジオニュースを聞き、恩人・勇のその後が気になる。大阪での安子の居場所を知った千吉が訪ねてくる(第5週)。
※高校野球が阪急西宮球場開催(1946年)から甲子園に戻されたのが1947年。

昭和23年(1948年)…安子が岡山の雉真家に戻る 算太生還【安子23歳・るい4歳】

配達中の事故でるいが額に怪我を負い、安子は岡山の雉真家に戻ることを決意(第5週)。水田屋とうふの店頭でおはぎを売り始める(第6週)。

この年のクリスマスに算太が戦地から無事帰国。安子のおはぎを食べた算太は、新たな人生を歩み始める。美都里が亡くなる(第7週)。

昭和26年(1951年)…カムカム英語終了、英語教材を手伝う【安子26歳・るい7歳】

「カムカム英語」の放送が終了。安子はロバート・ローズウッドと再会し、英語教材づくりの手伝いを始める。勇が野球で進駐軍に勝ち、安子にプロポーズ。雪衣が妊娠、きぬが出産。ディッパーマウスブルースの息子・健一が戦地から生還。

安子がるいと決別し、ロバートと一緒にアメリカに渡ることを決意。「岡山編」が終了(第8週)。

昭和37年(1962年)…千吉が亡くなる るいが岡山を出て大阪へ【安子37歳・るい18歳】

18歳になったるいは、祖父・千吉が亡くなると「自由に生きてみたい」という思いを胸に大阪へ。縁あって「竹村クリーニング店」で働き始める(第8週〜)。運命の人?ジョーに出会う。
追記:12月24日の放送に登場したるいの履歴書によれば、るいは高校2年時に中退し、17歳の春(昭和37年4月)に大阪に出ている計算になります。安子は生きていれば37歳。

昭和38年(1963年)…ジョーがるいにプロポーズ【安子38歳・るい19歳】

錠一郎と親密になったるい。やがて錠一郎はジャズのコンテストで優勝すると、るいにプロポーズをする。錠一郎は上京し、ササプロの笹川邸でデビューに向けた準備を開始。

昭和39年(1964年)…ジョーとるいが京都に 回転焼き屋を開店【安子39歳・るい20歳】

結婚した錠一郎とるいは大阪を離れ、心機一転をはかって新天地の京都へ。京都の実家に戻っていたベリーこと一子に相談しながら、生活のために二人で回転焼き屋をオープンさせる。

昭和40年(1965年)…ひなたが誕生【安子40歳・るい21歳・ひなた0歳】

店が軌道に乗り始めた4月、るいは長女・ひなたを出産。

昭和50年代(1975年)…ひなた編スタート【安子50歳・るい31歳・ひなた10歳】

小学4年生になったひなたは、時代劇が大好きな少女に成長。11月に京都・条映太秦映画村がオープン。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる