「ちむどんどん」金吾の父・喜納銀蔵役 名脇役の不破万作が出演

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」5月18日(水)の第28回に、喜納金吾の父・銀蔵が初登場。良子と金吾の「結婚騒動」に巻き込まれる人の良い沖縄のおじさんを演じます。

この記事では、喜納銀蔵を演じるベテラン俳優・不破万作(ふわ・まんさく)の朝ドラ出演作など簡単なプロフィールもあわせてまとめます。

スポンサーリンク

目次

村の有力者 喜納製糖工場社長・喜納銀蔵

山原村で有数の会社である「喜納製糖工場株式会社」を経営している喜納銀蔵(不破万作)。銀蔵のボンボン息子・喜納金吾(渡辺大知)は良子(川口春奈)が大のお気に入りであり、良子の職場に立ち入っては求愛を繰り返しています。

賢秀(竜星涼)が作った借金が重なり、叔父の賢吉(石丸謙二郎)からお見合いを勧められていた良子ですが、善一(山路和弘)を通して喜納金吾との見合い話が勝手に進んでいることを知り、驚きと困惑の表情を見せることになります。

5月18日(金)の第28回では、金吾を引き連れた銀蔵が唐突に比嘉家を訪問。銀蔵は、良子を前に暴走する金吾をおさえつつ優子(仲間由紀恵)に事前の挨拶を行っています。

空気を読まず突っ走る金吾に比べると、父の銀蔵は仲介人の善一を立てようとするなど常識人のようです。

地元の有力者である銀蔵、昔からお世話になりっぱなしの善一らがお膳立てした縁談であり、何よりも喜納家は村でも有数のお金持ち。博夫(山田裕貴)に想いを寄せる良子ですが、降って湧いた縁談を軽視するわけにはいかないようです。

良子は自分の気持ちをおさえて両家顔合わせの席に臨みますが…。

ベテラン俳優 名脇役の不破万作

喜納銀蔵役を演じているのは、中華民国大連市生まれ、佐賀市育ちの75歳の俳優・不破万作(ふわ・まんさく)です。

明治大学文学部演劇学科在学中の1968年に唐十郎主宰の「状況劇場」に入団し、本格的に俳優の道を歩み始めた不破万作。

同劇団退団後は映画「マルサの女2」(1987年・チビ政役)、「あげまん」(1990年・夢の首斬役人役)、「ミンボーの女」(1992年・伊場木の子分役)などの伊丹十三監督作品に次々と出演。北野武監督作品映画「みんな〜やってるか!」(1995年)で演じたヤクザ役など風貌を生かした悪役、ヤクザ役も多く、多数の映画作品に脇役として出演を重ねています。

テレビドラマでも名脇役として活躍を見せています。

長年に渡りシリーズ化されている刑事ドラマ「おみやさん」(2002年〜・テレビ朝日系)の古株刑事・兵藤兵吾役、人気のドラマシリーズ「深夜食堂」(2009年〜・TBS系)の店の常連・忠さん役、NHK大河ドラマ「徳川三代」(2000年)の本多成重役、「功名が辻」(2006年)の増田長盛役、「結婚できない男」(2006年〜・フジテレビ系)の大工の棟梁役などで出演。

NHK朝ドラは、「かりん」(1993年)の映画館経営者・田上伝六役、「天うらら」(1998年)の洋食屋シェフ・天野洋一役、「ほんまもん」(2001年)の笹川役、「純情きらり」(2006年)の鋳物工場の工場長役で出演しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる