「ちむどんどん」製糖工場の息子・喜納金吾 演じる渡辺大知は「カーネーション」「まれ」に出演

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場する製糖工場のボンボン息子・喜納金吾(きな・きんご)についてまとめます。

喜納金吾を演じているのは、朝ドラ「カーネーション」「まれ」などに出演経験を持つ渡辺大知(わたなべ・だいち)です。

スポンサーリンク

目次

良子に恋するボンボン 製糖工場の息子・喜納金吾

喜納金吾は、暢子たちが暮らす山原村で製糖工場を営む家の跡取り息子です。喜納家は村でも有数の裕福な家であり、金吾は恵まれた環境の下で、明るく屈託のない青年に育っています。

ムードメーカーで何かと騒がしい金吾。裏表のない素直な性格は恋愛にも現れていて、片思いの相手である良子(川口春奈)に対し恐れる様子も見せず、ガンガンとアプローチを見せていきます。

良子には石川博夫(山田裕貴)という互いを意識する教員仲間がいるため、良子は言い寄ってくる金吾をまったく相手にしません。金吾はそんな良子のことを「キツイところがまたたまらんね〜」とますます気に入ってしまうようです。

ミュージシャン、俳優・渡辺大知

村の資産家の息子・喜納金吾を演じているのは、兵庫県神戸市出身のミュージシャン、俳優、映画監督の渡辺大知(わたなべ・だいち)です。

2007年、高校在学中にロックバンド「黒猫チェルシー」を結成し、ボーカルを担当。「黒猫チェルシー」は若者を中心に高い人気を誇り、2018年に解散を迎えるまで全国各地でツアーを行うとともに、多数の音源を発表するなどの活動を見せています。

▼渡辺大知自身も出演した映画「勝手にふるえてろ」の主題歌、黒猫チェルシーの「ベイビーユー」。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる