「カムカムエブリバディ」るいの初恋?片桐春彦 俳優・風間俊介が演じる

NHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」に登場するクリーニング店の客・片桐春彦についてまとめます。るいの初恋の相手?になりかける片桐ですが、思わぬハプニングにより恋心はしぼんでしまい…。

片桐春彦を演じるのは、「純と愛」「監察医 朝顔」などに出演した俳優・風間俊介(かざま・しゅんすけ)です。

スポンサーリンク

目次

弁護士の卵・片桐春彦

第9週放送では、大阪・道頓堀横丁の「竹村クリーニング店」で働き始めたるい(深津絵里)が、客の青年に恋心を抱いていく様子が描かれます。

るいの恋のお相手は、スーツ姿で店がよく似合う片桐春彦(風間俊介)という男性。片桐は弁護士の卵だそうで、物腰柔らかい受け答えがいかにも好青年といった雰囲気です。

片桐は「こわもての田中」(徳井優)が店頭でイチャモンをつけているところを助けに入ると、アメリカの小説家「オー・ヘンリー」の話題を通して、るいと親しくなっていきます。

やがてるいは片桐から映画「椿三十郎」に誘われると、平助(村田雄浩)と和子(濱田マリ)に温かく送り出されてデートに向かいます。

映画鑑賞後、二人は「椿三十郎」の感想を楽しそうに語り合いますが、そこに突然強風が吹くと、るいが根深くコンプレックスを持つ「額の傷」があらわに。その瞬間に見せた片桐の表情が、瑞々しい二人の恋心を打ち砕いてしまいます。

なんとも切ない一瞬のシーンですが、ジャニーズきっての演技派といわれる風間俊介の見せた複雑な表情が秀逸でした。

ジャニーズの演技派・風間俊介 「金八先生」「監察医 朝顔」

青年・片桐春彦役を演じるのは、東京都墨田区出身の38歳の俳優・風間俊介(かざま・しゅんすけ)。ジャニーズ事務所に所属し、同事務所屈指の演技派俳優として長年活躍しています。

1999年、TBS系ドラマ「3年B組金八先生 第5シリーズ」で空手部のいじめっ子・兼末健次郎役を演じて第3回日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞したのを皮切りに、売れっ子俳優の階段を駆け上がっていた風間俊介。

以降、ドラマ「それでも、生きてゆく」(2011年・フジテレビ・雨宮健二役)、「救命病棟24時 第5シリーズ」(2013年・フジテレビ・広瀬斎役)、「陸王」(2017年・TBS・坂本太郎役)などの話題作に出演。

2020年春から1年間に渡り放送されたテレビ朝日系昼の帯ドラマ「やすらぎの刻〜道」では、劇中劇「道」に登場する養蚕農家の青年・根来公平役を好演。脚本家・倉本聰渾身の作品に大きく貢献しています。

また、2020年からシリーズ化されたフジテレビ系月9ドラマ「監察医 朝顔」では、主人公・朝顔の夫となる新米刑事・桑原真也役で出演。震災で母を亡くした朝顔に常に寄り添い、心温まるドラマを優しく彩っています。「監察医 朝顔」は「令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加作品」になるなど高い評価を獲得しており、風間俊介の代表作のひとつとなっています。

朝ドラ「純と愛」待田愛役

NHK朝ドラは、2012年の「純と愛」(NHK大阪製作)でヒロインの結婚相手・待田愛(まちだいとし)役を演じて以来の出演。

同作品は激動すぎる展開に賛否が巻き起こり、風間俊介が演じた待田愛も「他者の心が見えることで外で働くとトラブルが生じたり体調を崩すために専業主夫になる」などなかなかに難しい人物設定でした。「純と愛」で難しい役柄を演じきったことで、風間俊介の評価もさらに上昇しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる