「カムカムエヴリバディ」ジャズ喫茶マスター・木暮洋輔 名優・近藤芳正の朝ドラ出演歴は?

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」大阪編(るい編)に登場するジャズ喫茶「ナイト&デイ」の支配人兼バーテンダー・木暮洋輔(こぐれ・ようすけ)についてまとめます。

木暮洋輔を演じるのは、朝ドラ「純と愛」「なつぞら」などに出演した俳優・近藤芳正(こんどう・よしまさ)です。

スポンサーリンク

目次

ジャズ喫茶「Night and Day」のマスター

片桐(風間俊介)との初デートが失敗に終わり、落胆したるい(深津絵里)がたまたま入ったジャズ喫茶「Night and Day(ナイト&デイ)」

そこで行われていたジャズライブに「宇宙人」ことジャズトランペッターのジョー(オダギリジョー)が出演していたことをキッカケに、るいの人生が少しずつ動き始めます。

「Night and Day」は、多くのミュージシャンやその追っかけ(グルーピー)が集まる人気の店。支配人兼バーテンダーの木暮洋輔(近藤芳正)が運営をしています。「Night and Day」が竹村クリーニング店の得意先になると、るいは集配のために店に出入りするうちに、店の関係者たちと仲良くなっていきます。

マスターの木暮洋輔は、謎多きジョーの出自や過去を良く知る人物です。あまり出しゃばるタイプではないらしく、るいやジョーら若者たちの青春模様を控えめに見守っていきます。

三谷幸喜作品常連の名優・近藤芳正

楽天ブックス
¥3,960 (2021/12/28 19:44時点 | 楽天市場調べ)

近藤芳正は、愛知県名古屋市出身の60歳の俳優です。

15歳の時にNHK名古屋製作のドラマ「中学生日記」に近藤芳正役で2年間に渡り出演すると、高校卒業後には劇団青年座の研究所に入所。その後劇団七曜日に入団し、本格的に俳優活動を開始ししています。

1991年に三谷幸喜が脚本・監督を手掛けた映画「12人の優しい日本人」にピザ屋の配達員役で出演すると、翌年には三谷幸喜主宰の劇団・東京サンシャインボーイズの同名舞台「12人の優しい日本人(三演)」に陪審員6号役で出演。

その後も「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」など三谷幸喜監督の映画作品、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」「真田丸」「西郷どん」「青天を衝け」、民放ドラマ「GTO」「王様のレストラン」「踊る大捜査線」など多数のテレビ作品に出演し、名脇役として活躍を続けています。

近年では舞台プロデュースの他、若手俳優向けのワークショップを主宰するなど、後進の育成、指導にも力を注いでいます。

▼放送が終了したばかりの大河ドラマ「青天を衝け」では、駐米大使・幣原喜重郎(しではら・きじゅうろう)役で出演。幣原喜重郎は戦後(1945年〜)に第44代内閣総理大臣を務めた人物です。

朝ドラ出演歴は?

近藤芳正はNHK連続テレビ小説(朝ドラ)にもたびたび出演しています。

1995年の「春よ、来い」の工藤役を皮切りに、「てるてる家族」(2003年)の絵本作家・米原恭司役、「おひさま」(2011年) の安曇野高等女学校の教師「オクトパス」こと飯田小太郎役、「純と愛」(2012年)のホテルの上得意客であるセクハラエロじじい・粕谷部長役などで出演。

近年も、「半分、青い。」(2018年)で漫画雑誌「月刊ガーベラ」の編集長・北野役を演じたほか、朝ドラ第100作となる「なつぞら」(2019年)では、新宿のベーカリーカフェ「川村屋」の怪しげな給仕・野上健也役を好演。脇役ながら記憶に残る役柄を多く演じています。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる