「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮が二役 吉兵衛の息子・赤螺吉右衛門役

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の安子編(岡山編)で偏屈な荒物屋の主人「ケチ兵衛」こと赤螺吉兵衛役を演じた堀部圭亮。

物語終盤のひなた編(京都編)で息子の吉右衛門役(二役)で出演することが判明しましたので、まとめておきます。

スポンサーリンク

目次

空襲で息子をかばって亡くなった吉兵衛

赤螺吉兵衛(堀部圭亮)は、初代ヒロイン・橘安子(上白石萌音)が育った岡山「朝丘町商店街」の荒物屋「あかにし」の主人。偏屈でケチくさい性格により、周囲からは「ケチ兵衛」と呼ばれていました。

戦争の苦しい時代になっても、疎開した家の家財道具一式を買い叩いて転売しようとするなど、「アコギな」商売を続けていた吉兵衛。そんな姿に息子の吉右衛門(石坂大志)は呆れ、「あんた、お父ちゃんなんかじゃねえ」と吐き捨ててしまいます。

その直後。突然始まった岡山空襲に巻き込まれた吉右衛門が逃げ遅れると、吉兵衛は降り注ぐ焼夷弾や崩れてくる瓦礫から息子をかばい、そのまま亡くなってしまいます(11月23日・第17回放送)。

大月家のご近所に 京都の荒物屋あかにし

夫を亡くした吉兵衛の妻・清子は、戦後に息子の吉右衛門を連れて、実家がある京都に戻ったようです。

清子は京都の下町「あかね通り商店街」で荒物屋「あかにし」を再開。清子(松原智恵子)は女将として、息子の吉右衛門(堀部圭亮)は店主として荒物屋を切り盛りし、店は再興しています。

そんなある日、偶然にも「あかね通り商店街」で大月夫妻(錠一郎、るい)が「回転焼 大月」を開業。赤螺家は再びヒロイン一家のご近所さんとなります。清子もるいも、赤螺家と橘家の不思議なご縁を知る由もなく…。

父にそっくりの「ケチ右衛門」?堀部圭亮が二役で再出演

▼お笑いコンビ「パワーズ」(火野玉男名義)、勝俣州和とのお笑いコンビ「K2」などで活躍した堀部圭亮(ほりべ・けいすけ)。1990年代以降は俳優としての活動が目立ち、朝ドラ「花子とアン」、大河ドラマ「新選組!」「平清盛」「花燃ゆ」ほか多数作品に出演。

大人になった赤螺吉右衛門役は、吉兵衛を演じた堀部圭亮が二役で演じることになります。

吉右衛門の容姿は在りし日の吉兵衛にそっくりであり、性格も父親譲りのどケチぶり。父同様に商店街の中で異彩を放つ(面倒くさい?)存在になりそうです。目の前で父を亡くしたトラウマを持つ吉右衛門がどのような人物に成長したのか、気になるところですね。

荒物屋「あかにし」は時代の流れとともに電器店にくら替えをしていくとのことで、吉右衛門の商才も発揮されそうです。

また、後に吉右衛門にはガキ大将の息子・吉之丞(徳永ゆうき)が生まれ、幼なじみの3代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)を何かとバカにしていきます。このあたりの「オレ様」ぶりも、先代・吉兵衛の遺伝子が脈々と受け継がれていそうです。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる